春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願いの木

DSCF1760.jpg
ベナレスは昔、カーシー(シヴァ神の別名)と呼ばれていました。
そのベナレスで買ってきた、踊るシヴァ神ナタラージャです。


かつらです。いつもありがとうございます。

インド旅行記最終回。

自分の本来の望み、願いは何ですか?と問いかけられたら、皆さんは何が浮かびますか?

必ず実現するから、ひとつ思い浮かべてごらんなさいと言われたら・・・。

いよいよ最終日。
朝、ホテルの庭でヨーガ研修が行われました。

最後の瞑想は、ガルバ ウリクシャ。

ハートの奥に、願いの種を植えます。

瞑想坐法で、背骨を立ててすわります。

静かな瞑想の息に乗って、胸の奥へと入っていきます。

ハートの奥には、ガルバ ウリクシャ 願望の木の根があります。

静かに目を閉じて、そこに願いの種を植えます。

ここで願ったものはいつの日か、必ず実現します。

ですから、もし願いがはっきりしない場合は、無理に願いをひねり出す必要もありません。

人生で決定した時にやればよいのです。

そしてここが、シークレット。

願ったことを、人に言わない。伝えない。
芽生え、葉が出て、花が咲くまで、人に言わない。
自分で育てる。大事に育てる。
これが、ヨーガの教えです。

私の望みは何?
私は自分に尋ねると、決まってひとつの答えが胸の奥から帰ってきます。
人に伝えると効果が薄くなるので、もちろんここには書きませんが・・・(笑)

抽象的ではありますが、偽らざる私の願いがあります。

「願いを知ることは、自分自身を知ること。」

ヨーガは、人は本来、何もしなくても、何も持っていなくても、幸せであることを思い出させてくれます。

ただ、自分の願いを知り、その実現に向けて努力する日々も、また幸せなのではないでしょうか。

皆さんの願いは何ですか?(^ー^)

願いを見つけるために、こんな問いかけがあります。

「お金が十分にあります。時間も十分にあります。さあ、やりたいことは何ですか?」

答えは胸の奥に。


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         火曜日 19時00分~21時00分(Studio CieL!吉祥寺駅北口徒歩7分)
         初回体験無料 1回3,000円

         
★ 国分寺クラス 12月25日(金)・1月15日(金)・1月29日(金)・2月5日(金)・2月19日(金)
         19時00分~21時00分
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


★新橋特別クラス

日 時  ☆ 夜クラス 1月8日(金)・1月22日(金)・2月12日(金)・2月26日(金)
             19時00分~21時00分(開場:18時45分)
定 員  10名 要予約 
会 場  オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
港区西新橋3-8-1 第二鈴丸ビル1F
参加費  1回 3,000円(当日払い)
申込先  新開 桂

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

ガンガーに浮かぶ

PB030923.jpg

かつらです。いつもありがとうございます。
インド旅行記第4話。

旅の後半、ベナレスでのお楽しみは、ガンガーに舟を浮かべて、沈む夕日と昇る朝日を拝むこと。

サルナートでのヨーガを終えて、遅い昼食の後、バスでガンガーを目指しました。
途中で、大きなバスはこれ以上進めないからと、降りて、二人乗りのリキシャに分乗。
走り出してしばらくすると、前にも後ろにも仲間の姿が見えなくなりました。
リキシャのお兄さんは、自転車を漕ぎながら、やけに頻繁に、後ろを振り返る・・・。
「大丈夫かな?この人、行き先わかってるのかな~。まさか違うところに連れていかれてる訳ではないと思うけど・・・」

しかも空はどんどん暗くなり、「もう夕日には間に合わないよね~。」とSさんと語り合う。なすすべなし。

周りは暗くなり、通りに並ぶお店の光が眩しい。
バック屋さん、靴屋さん、洋服屋さん、どれも商品が煌々と照明に照らし出されて、きらきら。バックを物色するインドの女性のすぐ傍らを、私達が通り、道には、人、リキシャ、バイク、トラック、馬車、牛が入り乱れる。竹下通りも真っ青の混雑。

大渋滞にはまってリキシャが止まってしまったら、ガイドさんが追いついてきて、「降りて歩いて!」と。

早足のガイドさんを見失なわないように必死で歩いて、ようやく沐浴場へ。ふぅ~。

真っ暗になったお空に、待っていてくれたのは、なんと、まぁるいまぁるいお月様!

月見舟となりました。

月2

翌朝は、渋滞もなく、無事にガンガーに到着。

実は、ベナレスはインド最高の火葬場。インドでは、お墓はなく、焼いた遺灰を河に流します。

中でも、このベナレスでガンガーに流すと罪が清められ解脱できると信じられています。

インド全土から遺体が運ばれてくるため、24時間火葬場の火は消えることがないそうです。
私達が行った時も、いくつもの火があかあかと燃えていました。

私達も、沐浴する船着場で、小さな慰霊のセレモニーを行いました。
仲間の中で、ご家族の遺灰や、遺品、ご友人の思い出の品などをガンガーで流したいという方々がいらしたからです。
ちょうど禅のお坊さんが仲間の中にいらしたので、般若心経を唱えていただき、みんなで詠唱しました。

そして、みんなで舟に乗りました。

小さな花で飾られた手のひらサイズの小船に、ろうそく一つ。そこに、一緒に遺品を乗せて炎を灯し、
舟上からガンガーへと流しました。
ゆらゆらと、送り火は揺れながら、静かにガンガーを流れていきました。

白々と夜は明けて、すっかりまわりは明るくなってきていました。
もしかして、もう太陽は出てしまった?

すると、ガンガーの彼方。遠い空の一部に、ごくごく小さな一点が、急に、もやもやっ、と動ごめきました。まるで生き物のよう!

そして、あれよあれよという間に、うっすらと色づき、それが濃くなっていき、最後に、ぴかっと、オレンジ色の輪郭の真っ白の光の点が現れました。
うゎ~!

まるで、新たな命が産み落とされるかのように、空から生まれ出た太陽。
太陽が、空という不透明な幕を抜けて、あちらの世界から、こちらの世界に入ってきたようでもありました。


「いちばんぼし」  まどみちお

いちばんぼしがでた うちゅうの目のようだ ああ うちゅうがぼくをみている

どうしていつも どうしていつも 太陽 月 星 そして 雨 風 虹 やまびこ

ああ 一番ふるいものばかりが どうしていつもこんなに 一番あたらしいんだろう



PB040933.jpg

 
朝日2


朝日1


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         火曜日 19時00分~21時00分(Studio CieL!吉祥寺駅北口徒歩7分)
         初回体験無料 1回3,000円

         
★ 国分寺クラス 12月11日(金)・12月25日(金)・1月15日(金)・1月29日(金)
  19時00分~21時00分 (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


★新橋特別クラス

日 時  ☆ 夜クラス 12月18日(金)・1月8日(金)・1月22日(金)2月12日(金)
              19時00分~21時00分(開場:18時45分)
定 員  10名 要予約 
会 場  オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
港区西新橋3-8-1 第二鈴丸ビル1F
参加費  1回 3,000円(当日払い)
申込先  新開 桂


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

私を感じる

PB030910.jpg
今回の写真は、ヨーガ仲間のSさんにお借りしました。

かつらです。いつもありがとうございます。

いよいよ師走ですね!
まず、お正月休みのお知らせから。
12月29日(火)・1月3日(日)の吉祥寺クラスはお休みとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、インド旅行記第3話。

リシケーシュでの滞在を終えると、バスで丸一日かけてデリーに戻り、翌日には、寝台列車に乗って第2の目的地ベナレスへ。

ベナレス近くにあるサルナートの遺跡公園に行きました。
サルナートは、お釈迦様が、悟りを開いた後、初めて説法を説いた、初転法輪の地として有名です。
仏教の四大聖地のひとつだそうです。

門をくぐると、ふわ~っとやわらかい風に包まれて、優しく迎えられたかのようでした。

樹木と芝生の間に、薄赤茶色の遺跡が点在し、気持ちいい空間でした。


一本の樹が、ちょうどよい大きさの陰を作ってくれていたので、その樹の下で、師匠を囲んでヨーガをしました。

尾骨を、インドの大地にアースして座り、背骨をすらりとたてます。
お尻は大地に、頭は天へ。

師匠の声を聞きながら、息に意識を向けていくと、程なく身体と周りの空気の境目がなくなったかのようになりました。

まるで、まわりの空気と溶けてしまったかのよう。

身体の内も外もない。

そこをやわらなサルナートの風が通り抜けていきました。

気持ちいい~~~。  
心に静かな喜びが溢れます。

地・水・火・風・空・・・。
世界の構成要素と、背骨は対応しています。

私の尾骨は、地の要素、インドの大地と溶け合うように、広く広く、広がっていました。
満たされた静けさに包まれました。
たった30~40分の時間でしたが、時は止まったかのようでした。。。

「 私 」を感じることは、世界を感じること。



終わる頃、ふっとこの行法を初めて習った時のことが蘇りました。

13年前、夕日の沈むバリ島の海岸で、波の音を聞きながら、 砂浜に坐ってのヨーガ。

地?水?火?・・・ 
尾骨?仙骨?腰椎?・・・
初めて聞く説明に、戸惑い、緊張しました。

「感じたい!」でも「わからない・・・」
ヨーガの世界観に感動しつつも、実感はつかめず。

砂を払って立ち上がりながら、しみじみ 「わからなかったぁ。。。」という残念な気持ち。
喜んでいる周りの先輩方の感想を、「へ~」と、羨ましく聞いていました。

あれから13年・・・。

「 私 」を感じることは、世界を感じること。

次の13年への励みになりました。

サルナート樹木


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         火曜日 19時00分~21時00分(Studio CieL!吉祥寺駅北口徒歩7分)
         初回体験無料 1回3,000円

         
★ 国分寺クラス 12月11日(金)・12月25日(金)・1月15日(金)・1月29日(金) 
         19時00分~21時00分
        (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


★新橋特別クラス

日 時  12月4日(金)・12月18日(金)・1月8日(金)・1月22日(金)
     19時00分~21時00分(開場:18時45分)
定 員  10名 要予約 
会 場  オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
港区西新橋3-8-1 第二鈴丸ビル1F
参加費  1回 3,000円(当日払い)
申込先  新開 桂


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm







プラサード (賜り物)

リシケシ町6
リシケーシュの町。お買い物しました。

リシケシ町4
新鮮なお野菜が美味しそう!

リシケシ町1
ヨーガの守護神、シバ

かつらです。おはようございます。

太陽の日差しが嬉しい朝ですね!洗濯物も気持ちよく干せます。(^ー^)
さて、インド旅行記、第2話。

沐浴を終え、ゲストハウスへ戻るとすぐ、お買い物に出かけました。
小さな路地に、小さなお店が軒をつらね、通りには、牛が歩いていたり、屋台が出ていたり。
あ~これぞインドでのお買い物!牛がいる風景にはホッとします。ただし、牛の落し物には要注意!

お買い物の目的は、旅に参加出来なかったヨーガ仲間へのお土産と、自分の仕事用の衣装。

さすがヨーガの町なので、仕事に使えそうな衣装はすぐ見つかりました。しかも安い!ズボン1本200円ぐらいから。東京では、なかなかないんです。
スイッチが入って、あれも欲しい、これもと、ウキウキ。約2時間の集中お買い物で、目的達成(^ー^)v 

日も傾いてきて、日差しがオレンジ色を帯びてきました。瞑想に適したこの時間。逃すわけにはいきません。

夕方の、アシュラムの瞑想とヨーガのプログラムは、自由参加のためパスして、ガンガーの河べりで、夫と二人で坐ることにしました。
ゲストハウスの前に、ちょうどよさそうな場所があったので、そこに場所を定めました。

夫と、「18時半までね」と終わりの時間だけ約束して、それぞれに瞑想。

すぐ目の前に、満々と水を湛え、豊かに流れるガンガー。

私達の坐っていた場所は、瞑想専用の場所ではなく、ただの船着場。
風に乗って、近くで誰かが吸っているタバコのにおいがしてきたり、時には子どもが寄ってきて「YOGA?」とたずねたり。
ただ、そこはさすがヨーガの国。それ以上邪魔はせずに、静かに去っていきました。
時折、道行く人の視線を感じながらも、夫と一緒だったので、落ち着いて坐り続けられました。

ガンガーを渡る風に吹かれ続けながら、坐ること1時間。
対岸の別のアシュラムからスピーカーを通して流れてくるヨーガのマントラが、BGM。

夫にとんとんと膝をたたかれて、目を開けました。
すると、目の前を、お灯明のあたたかい光が、ゆらゆらと、1つ、2つ、3つと流れていくではありませんか!
手のひらに乗るような舟の上に、花びらで飾られたろうそくの赤い灯。夕刻のアーラーティー(お祈り)の際に、流されたものでした。
ただ、広いガンガーを見渡しても、流れて行く光はその一群だけでした。

すでに日はとっぷり暮れて、あたりは暗くなっていました。

見上げれば、左上にはお月様。右上にはお星様。

「 プラサード( 賜り物 )だね 」と、夫が一言。

本当に、その通りだと思いました。(涙)

祝福されてる。
ガンガーが私達を温かく迎えてくれている。
応援してくれている。。。そんな思いが溢れて、涙がこぼれました。

ガンガーの流れは、私にとって、ヨーガの伝統の流れそのもの。
その流れの中に、確かに私もいる。
「 プラサード 」でした。

涙が納まったころ、夫が 「 ここでも、ちょっと沐浴出来るよ 」というので、河に手を伸ばし、水をすくって頭にかけました。

帰り道、「チャイ飲んで行こうか?」と夫の一声。

温かい、温かいチャイでした。



★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
          火曜日 19時00分~21時00分(Studio CieL!吉祥寺駅北口徒歩7分)
          初回体験無料 1回3,000円

         
★ 国分寺クラス 11月27日(金)・12月11日(金)・12月25日(金) 19時00分~21時00分
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
          初回体験無料   1回2,500円 


★新橋特別クラス

日 時  ☆ 夜クラス 11月20日(金)・12月4日(金)・12月18日(金)
              19時00分~21時00分(開場:18時45分)
定 員  10名 要予約 
会 場  オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/    
港区西新橋3-8-1 第二鈴丸ビル1F
参加費  1回 3,000円(当日払い)
申込先  新開 桂

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm



ガンジス瞑想2


ガンジス瞑想チャイ2

ガンジス瞑想チャイ4

ガンジス瞑想チャイ3

ガンジス瞑想チャイ6

沐浴

アシュラム5
アシュラムから望む朝のガンガー


アシュラム朝ごはん
屋根の上?戸外で並んでの朝食。
サーブしてくださる方が、何度もお代わりいらないか?と回ってきてくださいます。


アシュラム1
りんごとバナナとおかゆとチャイ。
食べかけの写真で失礼します!
おかゆは、ぷちぷちの食感で、バナナが入っていてほの甘い。
美味しくて、お代わりしました(^ー^)


アシュラム3
シュラムには猿がたくさん。

かつらです。いつもありがとうございます。

帰国から1週間が経ち、ようやく写真の整理が出来ました。

インドで印象深かった出来事を、数回に分けて書いていこうと思います。

初日、飛行機で深夜にデリーに到着。ホテルで寝るだけ。

二日目、朝食後、デリーを出発して、ガンガー(ガンジス河)上流にある、最初の目的地、リシケーシュへ。
12時間のバスの旅。夜、アシュラム(道場)のゲストハウスに到着。

翌朝、アシュラムの瞑想と、ヨーガのプログラムを受けました。
そして、シンプルで美味しいアシュラムの朝食をいただいてから、楽しみにしていた聖なる河、ガンガーでの沐浴に向かいました。

車で、アシュラムよりも、さらに上流へ移動。
河の水はとてもきれいでした。
キラキラ光る水面が、おいでおいでと誘ってくれているようで、ワクワク。
お天気がよく、日差しがとても強かったので、河の水の冷たさも、そんなに気になりません。
川底の石はぬるぬるで、流れもそこそこ速く、つるっと転ばないように、そろそろと河に入っていきました。
「 冷たくて気持ちいい!! 」

日本でも、いい場所があると、裸足になって大地に立ったり、足を水に浸けるのが大好きな私ですが、衣服を着たまま全身浸かるのは初体験。
インドでは、女性が肌を出すのはタブーです。

ズボンが濡れるにまかせて、足から膝と浸かっていき、おしりぐらいまでの深さのところでストップ。
そこを自分の沐浴場所と決めて、両手に水をすくっては、頭からかけました。
水を両手に受けて頭からかけるのが、沐浴の所作のひとつです。

あとはぶくぶくと全身を沈めること数回。

ヨルダン川でイエス様が、聖ヨハネから受けた洗礼も、同じように全身沈めるものだったそうです。

沐浴は、「 再生の儀式 」です。

透明なガンガーの水、きらめく太陽、澄み渡る空気。
まるごと全身で受け止めて、洗い、清める。
ただただ、嬉しくて、気持ちいい。

実は、ヨーガには、ガンガーと呼ばれる行法があります。
内なる微細なエネルギーで、沐浴をします。

「 外に現れているものは、全て内にある。 」
それが、ヨーガの見立てです。

翌朝は、師の指導のもと、ヨーガの沐浴も体験しました(^ー^)


話は戻って、ガンガーの沐浴。
キラキラの日差しの中、着替えを終えると待っていたのは、旅行会社の方が用意してくださった、おでんとお稲荷さんの昼食。
気分は一転、ピクニックモードに(^ー^)

沐浴で生まれ変わっても、最初の食事は日本食でした。(笑)



沐浴春樹2


沐浴桂6


沐浴2


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
          火曜日 19時00分~21時00分(Studio CieL!吉祥寺駅北口徒歩7分)
          初回体験無料 1回3,000円

         
★ 国分寺クラス 11月27日(金)・12月11日(金)・12月25日(金) 19時00分~21時00分
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 


★新橋特別クラス

日 時  ☆ 夜クラス 11月20日(金)・12月4日(金)・12月18日(金)
              19時00分~21時00分(開場:18時45分)
定 員  10名 要予約 
会 場  オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/     
港区西新橋3-8-1 第二鈴丸ビル1F
参加費  1回 3,000円(当日払い)
申込先  新開 桂



春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。