春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小富士

20070612175103.jpg


20070612175120.jpg


20070612175135.jpg


幻の滝から、命からがら?もどり、再び霧の中富士山の溶岩でできた、小山の小富士に向かいました。林の中を、時おり出てくる「小富士→」という看板をたよりに、20分ほど歩きました。すると、「あっ、もうすぐだ。」と直感が働きました。
霧で5メートル先は全く見えないのですが、近くに開けた空間があるのを何となく感じました。

すると、案の定霧の中から、小山がもっこりとあらわれました。とても静かで、神秘的な空気に包まれていました。
山小屋の人に、晴れてたら、富士山一の眺めだと教えていただいていたのですが、霧の中もなかなかのもの。
霧の向こうに富士がどんな風にあるのかと想像するのもまた、一興でした。

静かな小富士を楽しんでから、富士山を引き上げました。
宿の「モーツァルト」さんに戻って、おいしいフランス料理をいただきました。作法もよく知らないので、本来なら緊張して食事どころじゃなくなってしまう所ですが、泊り客がたまたま私たち二人だけだったので、人目を気にせず、おいしく料理をいただけました。

特に、富士山が予想以上に寒かったので、最初に出てきた温かいポタージュ?スープは、濃厚なお味で胃袋から全身に温かさとおいしさが染み渡るようでした。

翌日は、雨の予報だったので、食後は地球交響曲NO5のDVDを見せていただいたり、宿のご主人とお話したりと少し夜更かし。

ところが、翌朝6時過ぎに目が覚めてカーテンを開けてみるとお日様が燦燦と降り注いでいるではありませんか。

あわてて妻を起こして、再び車で小富士へと向かいました。
途中、山中湖越しに見える富士山に大感動!!
小富士への期待はますます膨れ上がりました。

山小屋に顔を出すと、「あらっ、また来たの」なんていいながら、昆布茶を出してくれました。

いざ、小富士へ。昨日とは打って変わって明るい林を歩いていくと、山小屋のアルバイトの若いお兄さんが犬の散歩から帰ってくるところでした。「あらっどうも。今日の小富士は最高ですよ。」ますますわくわく。

足取りも軽くあっという間に小富士につきました。
見上げれば、見事な富士山。振り帰れば、山中湖に河口湖はては、八ヶ岳までも一望の下。抜けるような青空。

富士に向かって坐り、二人でしばらく瞑想しました。

30分程、小富士を堪能してから、遅めの朝食をいただきに再び宿へと帰っていきました・・・
スポンサーサイト

幻の・・・

20070607232454.jpg


20070607232652.jpg


20070607232704.jpg



先週、結婚2周年を無事?迎えました。
その記念も兼ねて、マイミクでもお世話になっている、山中湖のペンション「モーツァルト」さんhttp://www.p-mozart.com/index.html に、1泊2日で行ってきました。

昼過ぎにペンションに着いたので、宿のご主人に観光スポットを尋ねました。聞いてみると、ペンションから富士山の5合目まで、車で40分ぐらいとのこと。しかも、須走口という、あまり有名ではない方の登り口の方には、見所盛りだくさん。次の日は雨の予想ということもあり、ご主人に丁寧に行き方を教えていただき早速出かけました。

5合目には、休憩所が、2軒だけあります。そのうちの1軒とモーツァルトさんが親しくされていて、そちらに伺うと、いきなり昆布茶を振舞っていただきとても親切にもてなしてくださいました。その日は、霧が濃くて気温も8度ぐらい。昆布茶のおいしかったこと。(^^)

教えていただいた観光スポットのひとつに「幻の滝」というのがありました。まさに、この時期にだけ雪解け水で1キロにも渡る滝が出現するとのこと。

まずは腹ごしらえに名物のきのこ汁を頼みました。
おいしそうな湯気とともに出てきたきのこ汁。おいしくて、おいしくて、寒さも霧もなんのその。元気が湧いてきました。


霧で視界が3m程しかなく、昨日も何人も道に迷った人が出たようでしたが、せっかくなので、道案内の白い丸印と、前の人の足跡を頼りに、幻の滝へと向かいました。

慎重に足跡を辿りながら歩くこと20分。霧の中から現れた滝はまるでおとぎの世界。まさに「幻の滝」でした。
滝の前で、千年ほど修行を続ける仙人も発見!!(うそ~)

滝の水の冷たいこと。きれいな水のある所、どこでも足をつけるクセのある妻。喜んで足をつけてみましたが、一瞬で飛び出してきました。冷たいというよりも痛い!!でも後から、足がぽかぽかしてきました。

帰り道、道に迷いそうになってドギマギ

何とか無事に帰って、またまた昆布茶を一服。

人心地ついて、再び霧の中、小富士に向かいました・・・

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。