春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木を愛でる

かつらです。いつもありがとうございます。

前回に引き続き、リンゴの木村秋則さん。

死を決意することになる数年前から、リンゴの木、1本1本に話しかけて歩くようになっていました。

「自分も苦しいけれど、それは、リンゴの木が苦しんでいるからだ」 っとある時、はっと気づいたからでした。

病気と虫にさいなまれ、無残な姿になっているリンゴ畑。

八百本余りのリンゴの木、1本、1本に、お詫びしながら、自分の気持ちを話しかけ、手で触れて温もりを伝えて歩きました。

すると、風もないのに、小枝が揺れます。

それはあたかも、「わかったよ、わかったよ」 リンゴの木が言ってくれるかのようでした。

ある時、リンゴの木に話しかけている声を、近隣の畑で作業している人たちに聞かれてしまいました。
「木村、バカになったんでないのか、誰と話しているんだ」

それを聞いてしまったので、恥ずかしくなって、先に進めなくなりました。

そして、そこから先のリンゴの木、八十二本には、「以下同文」と省略してしまったのです。

その後、その八十二本は、耐え切れずに、枯れていきました。

「見栄を捨てたはずの男が、まだ見栄を捨てきれていなかった・・・」 木村さんは言います。

声をかけたリンゴの木たちは、苦境を耐え抜いて、無農薬・無肥料を完全実施してから九年後、まっ白い花を咲かせたのでした。



「木は、じっと動けないから、きてくれる人を歓迎してくれる。

行くと、そよっと揺れるんですわ。風もないのに。かわいいもんですわ。」

こちらは、祇園にある円山公園の枝垂桜(しだれざくら)の桜守、佐野藤右衛門さんのお言葉。

桜の診断方法も、木村さんに通じるものがありました。

根元の土をちょっと掘って、直接、口に含んで、味を見る。

土を吐き出しながら、おっしゃいました。
「この土なら、大丈夫。中には、渋い渋い土もあるんですわ。これなら大丈夫。」

元首相で、現在陶芸家として活躍する、細川護煕さんの特集番組の一場面でした。

湯河原にある細川邸の庭の桜を、頼まれて、佐野さんが診断していたのです。

細川さんへ、アドバイス。

「話しかけるときは、遠くからでなく、桜の木の下に行って、見上げるようにして話しかけるといい」 

「“愛でる”と“見る”は全然違います。」

診断が済むと、細川さんは、自らそばをゆがいて、佐野さんをおもてなし。

佐野さん、そばをすすりつつ尋ねます。「おいくつになられましたか?」

細川さん「72になります。」

佐野さん 「あ~ちょうど10違いですなぁ。まだまだ味がでるのは、これからですわ。」 ハッハッハッ

実にうまそ~うに、煙草をくゆらせて笑うお姿は、堂々としてゆったり。男の色香を感じさせる、なんともいえない味わいがありました。

半そでからのぞく日焼けした腕はたくましく、土や、桜のゴツゴツした幹や枝を、想わせました(^ー^)




★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
           (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
            JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  9月3日(金)・9月17日(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
          初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

スポンサーサイト

奇跡のリンゴ

かつらです。いつもありがとうございます。

新橋クラスの会場としてお世話になっている、オフィス・銀の鈴さんで、明日、初開催されるセミナーのご紹介です。

「微量漢方セミナー」

漢方の新しい療法、微量漢方。 「漢方薬は1000倍に薄めたときに最も高い効果を発揮する...!」
微量漢方の第一人者によるセミナーです。

8月21日(土) 14:00~16:00(開場13:30)  ご興味を持たれた方は、銀の鈴さんのHPをご覧になってみてください。
http://www.ginnosuzu.net/fairground/%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%98%ef%bc%92%ef%bc%91.htmlhttp://www.ginnosuzu.net/fairground/%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%98%ef%bc%92%ef%bc%91.html



先日、「奇跡のリンゴ」で有名な、木村秋則さんの著書を初めて読みました。

「リンゴが教えてくれたこと」

絶対不可能と言われた、無農薬・無肥料栽培を成功させた青森の方だと、お名前だけは知っていました。

ただ、成功までの道のりがこんなに壮絶だったとは。

最初のページを開くやいなや、涙がこぼれそうになりました。
圧倒的に胸に迫ってくる言葉の重み。そして、温かさ。

無農薬・無肥料栽培を始めてから、無収穫時代が9年。

リンゴ畑は病気と虫にさいなまれ、無残な姿をさらし、花が咲かないのが当たり前になっていたといいます。

生活はどん底。
現金収入がないので、税金が払えず、家財や畑まで差し押さえの対象となりました。

病虫害の発生をおそれ、畑周辺からの苦情も多く、村八分のようにもなりました。

無農薬・無肥料栽培に移行してから六年目。

これ以上家族に迷惑はかけられない。

いっこうに改善されない畑の、あまりに厳しい現実に打ちのめされ、万策尽きたと思ったそうです。

「死んでお詫びをしよう。」

作業の終わった夕刻、作業用ロープを3メートルばかり切り取り、長靴のまま岩木山へと向かいました。

明るい満月の夜でした。
奥へ奥へと死に場所を求めること二時間。もうこのあたりでいいかと見回すと、ちょうどいい具合の木が見つかりました。

よし、ここで、とロープを枝に投げたら、勢い余って指からすり抜けて飛んでいきました。
何てドジなんだと思いながら、ロープを拾いに斜面を少し下りようとして目を上げたその時。

月光にリンゴの木が浮かび上がっている。
まるで、自ら光を放ちこちらを見てくれと言わんばかりにその木は輝いていました。

「えっ、こんなところにリンゴの畑があったのか」

夢か幻か。

もう自分が何のために山に登ってきたのかも忘れて、只々、見とれていました。

実はそれはドングリの木でした。毎日リンゴのことばかり考えていたから、ドングリの木がリンゴの木に見えたのです。

その木は、虫の被害もなく、見事な枝を張り、葉を茂らせていました。

こんな山の中でなぜ、肥料を使っていないのにこれほど葉をつけるのか。
なぜ、農薬をつかってないのに虫や病気がこの葉を食いつくさないのか。

その木の前に呆然と立ちすくんでいました。

あたりはなんともかぐわしい土の匂いに満ち溢れ、肩まである草をかき分けると、足元はふかふかで柔らかく、湿気があります。
雨のせいではありません。クッションを敷きつめたような感触です。

そして突然稲妻にうたれたかのように、直感しました。「これが答えだ。」
「そうだ、この土をつくればいい。」

自分の畑との決定的な違い。それは、なんとも言えない土の匂い。バクテリアや菌がしっかり生きている匂い。

それまでは、木の上のことしか見ていませんでした。
雑草を刈り、葉の状態ばかりが気になって、根っこの部分は全くおろそかにしていました。雑草は敵だとずっと思いこんでいたのです。

まさにコペルニクス的転回。

下草を刈るのをやめたリンゴ畑は、草ぼうぼう。
夏場の暑い時、草のお陰で畑の土の温度は、外気より10度も低く、雨がなくても、湿り気も保たれました。

木村さんには、リンゴの木がすごく喜んでいる感じがしたそうです。



★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分) (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  8月20日(金)・9月3日(金)・9月17日(金)
         19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

木陰に渡る風

DSCF2170.jpg

かつらです。いつもありがとうございます。

暑い夏に、意外にやっかいなのが 「夏の冷え」 です。

寝ているとき、無防備に長時間、布団から足が出ていたりして、意外に足首から冷えてしまっています。

また、冷房のきいた部屋で、長時間過ごしていると下半身から冷えてきます。

これは、自然の風と違って、クーラーの冷気は、どうしても下に溜まりやすいからです。
冷やしたくない下半身ばかり冷えてしまいます。

足が冷えると、血流が悪くなり、静脈の血が心臓に還りにくくなります。

足首のキレは全身のキレの表れ。

試しに足首を回してみてください。固くて回りにくかったり、痛かったりしたら、足首そして、全身が冷えているかもしれません。

そして、もうひとつ大事なのがふくらはぎ。

ふくらはぎは、第2の心臓と呼ばれ、静脈の血を心臓に還す役割をしていますが、
同じ姿勢で長時間いたり、冷えてこわばってしまうと、そのポンプの働きも鈍くなってしまいます。

すると、だるくなったり、むくみが出たりします。

ふくらはぎをさわってみて、弾力がなく固くなっていたら要注意。

そんなときは、仰向けになって、足を壁にもたせかける形で足をあげたり、椅子に足をのっけるなどして、足を心臓より高い位置におきます。
すると、重力で足から心臓に血液が還るので、効果的です。

ヨーガでいえば、ふくらはぎを伸ばす、下を向いた犬のアーサナや、ひっくりかえる、逆転系のアーサナは、静脈の血を還りやすくします。

とにかく、下半身は冷やさないように心がけたいものです。

さて、話かわりまして、クーラーのない我が家では、冷え対策より、暑さ対策。

先日、テレビで、遮光ネットを窓にとりつけたら、お部屋の温度が、なんと7度も下がった!というご家庭が取材されていました。
日当たりのよい南向きのお部屋なのに、お陰でクーラーいらず。
昼間に部屋の温度が上がらないので、夜はとっても涼しい、と喜びをご夫婦で語っていました。

しかも、その園芸用遮光ネットは、たったの500円。取り付けも、ひもに、安全ピンで遮光ネットをぶら下げるだけ。

見ながら、夫と、「これいいね!」と、早速試してみることに。

放映2日後に、夫がホームセンターに行ってくれたのですが、店の入り口に、商品が積んであったそうです。
「8月2日、テレビで放映された遮光ネットです」の張り紙も(^ー^)

2m×2mのちょうどいいサイズは売り切れ。
考えることはみんな一緒ですね~(笑)

残っていた、2m×4mのサイズを、半分に切って、2部屋に取り付けることにしました。
たまたま、使っていないカーテンレールがあったので、それを活用。

20分ほどで2部屋にとりつけ完了!

いや~!効果絶大です。

取り付け後、すぐに二人ともヨーガをしたのですが、途中で、夫が一言。

「木陰の風になったね~!」 (^ー^)




★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
        (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
(オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅徒歩4分)
         初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  8月20日(金)・9月3日(金)・9月17日(金)
         19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm


汗をかく

2010_01022010 シヴァの眼0011

2010_01022010 シヴァの眼0019

2010_01022010 シヴァの眼0023

2010_01022010 シヴァの眼0038

2010_01022010 シヴァの眼0048

2010_01022010 シヴァの眼0059


かつらです。いつもありがとうございます。

まずお知らせから。
8月15日(日)吉祥寺クラスは、お盆休みとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

先週土曜日、お陰様で、特別講座 「シヴァの眼(眼のヨーガ)」 を無事に終了することが出来ました。

暑い中、足をお運びくださった皆様、毎回快く会場をお貸しくださる、銀の鈴のオーナー様、ありがとうございました。

3時間があっという間だった」、「今後も、このチャクラシリーズを続けて欲しい」など、様々なご意見、ご感想をいただきました。

また順次、ヨーガの奥の世界をご紹介していきたいと思います。

さて、いよいよ8月。 暑い日が続きますね。
体調管理には気をつけたいものです。

今日の話題は、夏バテ対策 「汗」 です。

この季節、本来ならば、汗をたっぷりかきながら、体内の熱を発散し、水分調整をするのですが、クーラーの広まった今日、汗が内向し、十分に、汗をかけなくなってきています。

そうなると、水分代謝を司る腎臓への負担も大きくなります。

腎臓の働きが落ちると、余分な水分が体内にとどまり、だるさやむくみが出やすくなります。

いかに汗をかくかが、この季節の体調管理の大切なポイント!

熱めのお風呂に入ったり、適度に運動をするのが効果的です。

20世紀半ばに世界的スターとなった、カルメン・アマージャ(アマヤ)という、フラメンコの伝説的なダンサーがいます。

炎のような熱狂的な踊りで、その鋭い動きは稲妻のようでした。伴奏者もあわせるのが大変難しかったといわれています。
数多くの映画にも出演しています。

その彼女が亡くなった時、解剖が行われました。
すると、彼女の腎臓は、子供のように小さな腎臓だったのです。

彼女は、踊って、踊って、汗をかくことで、命を永らえていたのです。

鬼気迫る踊る姿は、命がけ。文字通りの命がけだったのです。

夏場、ヨーガクラスでは、始まる前は、クーラーをかけて部屋を涼しくしておきますが、
始まったら、送風にしたり、設定温度を高めにしたりして、汗をかけるようにしています。

人間、背骨を動かすと、じわっと汗が出ます。

ヨーガは、ゆっくりした動きですが、全て背骨を中心に動かすので、意外に汗をかきます。

すると、こもっていた体内の熱や水分が抜けて、終わったあとは、すっきり。
身体の中が涼しくなっています。

そして、もうひとつ腎臓。

腎臓の反射は、腰にあらわれます。

瞑想坐法は、腰の筋肉を使って、腰を立てて坐るので、腎臓には適度な刺激となり、腎臓に大変よい姿勢です。

暑いインドで育まれたヨーガ。暑さに対しては、実によく研究されております。



★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
        (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
(オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
         初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  8月6日(金)・8月20日(金)19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
          初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2010/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。