春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の女神

かつらです。いつもありがとうございます。

今日は、「板画」家、棟方志功のお話です。

青森の貧しい鍛冶屋の家に生まれた彼が、地元の方々の応援を得て上京したのは、22歳の時。

汽車が上野駅に着いた日、知人の紹介状を持って、東京の有名な洋画家の先生をたずねて行きました。

ところが、「先生はいま外遊中です。日本全国からあんたのような人がたくさんくるのだから、とてもお世話はできません」
と、玄関に出てきたご婦人に、ぴしゃりと断られてしまったのです。

いきなりの玄関払い。悔しくて、心の中で「二度とこんなところくるものか!」とわめきちらしたそうです。

その邸宅の中には、書道博物館がありました。

彼は、むしゃくしゃした心を落ち着けるつもりで、その書道博物館へ入りました。

ところが、そこで、衝撃的な出会いがあったのです。

室の薄暗い真ん中に、ぼうと、横たわっている石の像。

それは、首もなく腕もなく、足もなく、トルソーになったギリシア彫刻の女の臥像(がぞう)でした。

その時の出会いを、彼はこう言っています。

「これには驚嘆しました。そこに人が寝ているのです。まったく生きつづけている女の人が。

わたくしは、その臥像に吸い寄せられたまま、わたくしも、このまま石になるのではないかと思いました。

声をあげて叫びたい衝動にかられました。この彫刻にだきすくめられました。」

時代も、場所も越えて、美の女神からのメッセージは、彼に届いたのでした。

彼は誓いました。
「この女神こそ、わたくしの先生だ。きっと帝展に入選します。哀しくなるとまいります。嬉しくなるとまいります。ご守護ください。」  

無言の女神像の慈愛が、東京で一歩を踏み出す、勇気と希望を彼に与えてくれたのです。

それからの彼は、「なんとしても帝展に入選しなければならない」と、ただ無性に描きました。

朝も昼も夜も。
夜中に目がさめると手を動かしていたそうです。
知らず識らずに、宙に浮いた手が円を描き、三角を描いていました。

それでも結果は、落選、また落選。。。

4年の月日が流れ、26歳になっていました。

「このままでは、死んでも死に切れない」と、決死の覚悟で臨んだ4年目。
帝展の入選発表会で、ついに「ムナカタ・シコウ」の名前が呼ばれました。

その瞬間、彼は、空気が抜けたゴム人形のようにへなへなとその場にくずれてしまいました。
べったり土にすわったまま、亡き父母に挨拶しました。婆サに礼をしました。
「帝展に入選しました」・・・・・。

そして、我に返った時、まっさきに浮かんだのは、書道博物館のギリシア女神でした。

「先生!おかげさまで入選しました。ありがとうございました。」



※ 年末年始、新橋クラスのみ、日程が変則になります。開催日は、下記をご覧下さいませ。


★新橋クラス   11/30(火)・12/7(火)・ 12/14(火)・ 12/21(火)・ 12/24(金)・1/6(木)
           19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円
        
★ 国分寺クラス  12/3(金)・12/17(金)・1/7(金)・1/21(金)
19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

クリスマス・ヨーガ

かつらです。いつもありがとうございます。

“クリスマス・ヨーガ” のお知らせです♪

今年最後の新橋クラスを、12月24日(金)19時~21時 に行うことになりました。

おりしも、クリスマスイヴ。 

愛の人、イエス様にちなんで、ハートの瞑想をいたします。

ハートは、幸せ、喜び、至福の場所。

ヨーガでは、ハートには、永遠に消えない小さな灯明が灯っていると言われます。

静かなひと時、聖なる夜にハートのともし火を、味わいましょう(^ー^)

イエス様も、ヨーガの世界から見ると、「バクティ・ヨーガ」の人と言えます。

「バクティ・ヨーガ」とは、愛と信仰のヨーガです。

バクティ・ヨーガの道をゆく人は、愛して愛して愛して、ついに、愛と、愛する者と、愛される者とは、一体である・・・という真理を、悟るのです。

インドには、こんなお話があります。

ラーマクリシュナという聖者のもとに、ある貧しい農夫がやってきました。

「私も瞑想がしたいのです。でも、私はただの農夫です。神様の名も、神様をどんなふうに讃えたらよいかも知りません。こんな私でも瞑想出来るでしょうか?」

ラーマクリシュナは言いました。
「もちろん、もちろん出来るとも。大丈夫だよ。 何かおまえさんが、大好きで、ありありと心の中で思い浮かべることが出来るものはあるかい?」

しばらく考えて農夫は答えました。

「あります。私は、一頭の水牛を飼っております。その水牛のことなら、何でもわかります。」

「そうか、それなら、その水牛のことを静かに坐って、じ~っと想ってることはできるかい。」

「それなら、わけないことです。その水牛のことならず~っと思っていられます。」

「そうかい。それなら、それが君の瞑想だよ。」

数日後、農夫の奥さんが、困った様子でラーマクリシュナの元を訪れました。

「ラーマクリシュナ様、何とかしてください。うちの旦那が全然部屋から出てこないんです。」

「そうか、それでは行ってみよう」

到着して、ラーマクリシュナは農夫に呼びかけました。
「お~い、どうしたんだい?出ておいで。」

「ラーマクリシュナ様! 私も出たいんですが、角がつかえて、部屋から出られないんです!」

「よし、わかった。えいっ!もう角を切ったよ。さあ、出ておいで。」

農夫は、ようやく部屋から出てきたのでした。


※ 来週、11月23日(火・祝)の新橋クラスはお休みです。

※ 年末年始、新橋クラスのみ、日程が変則になります。開催日は、下記をご覧下さいませ。


★新橋クラス   11/30(火)・12/7(火)・ 12/14(火)・ 12/21(火)・ 12/24(金)・1/6(木)
           19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/  JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円
        
★ 国分寺クラス  11/19(金)・12/3(金)・12/17(金)・1/7(金)・1/21(金) 
19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

ひとつひとつ

かつらです。いつもありがとうございます。

今週は、穏やかな小春日和でしたね。(^-^)

先日、テレビを見ていて、とても印象に残る場面がありました。

番組のゲストの一人が、尋ねました。
「古民家に移り住んで、ハーブガーデンを作っていくとか、“何か”を始める時の勇気、パワーのようなものは、どこから生まれてくるのですか?」

それに対して
「ひとつひとつやっていくだけですよ。そのプロセスが楽しいです。」

さらっと答えたお声に、深い実感がこもっていて、す~っと染みとおるように心に響きました。

イギリス女性のベニシアさん。

京都大原に来て、古民家に移り住むと決めた時、その家は、荒れて廃屋同然。
土も、ガーデニングをすぐに出来る土壌ではなかったそうです。

家は、コツコツと家族で補修。
お庭は、まず土つくりから。
自家製の堆肥を混ぜて、5年以上もかけて土を作っていったそうです。

今では、築100年の古民家の柱や廊下は、柿渋で磨かれてピカピカ。
暖かい薪ストーブがお客様をおもてなしします。

お庭には、300種類以上の植物、200種類以上のハーブが四季折々あふれ、
ハーブは生活のパートナーとして、食べるだけでなく、石鹸や食器洗いの洗剤や化粧水などにも使われています。
緑したたるお庭は、瑞々しく、見ているだけでこちらまでしっとり潤うようでした(^ー^)

さて、ご心配をおかけしました祖母ですが、お陰様で、無事手術も終わりました。
術後の回復も予想どおり?順調です。(^-^)

怖がりのおばあちゃん。
手術前に、「痛い思いをするくらいなら、死んだほうがましや。手術はしない!」と直前まで、お医者様に訴えていたとの事。
ところが、手術は全く痛くなく、本人も驚いていたようです(笑)

思いがけず、お見舞いという形ですが、おばあちゃんと話をする機会が増えました。

ひと時、ひと時、大切に楽しんでいきたいと思います。


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分) (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
         (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/  
JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
          初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  11月19日(金)・12月3日(金)・12月17日(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時45分)     
(国分寺駅南口徒歩3分 )
          初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

お見舞い

かつらです。いつもありがとうございます。

気がつけば、今年もあとわずか。今年も、ヨーガ仲間の、松田恵美子氏監修の、「旧暦美人ダイアリー2011」 とカレンダーがでました。
評判もよく、はや4年目。
デザインもさらに増えて、6色。「大福、飴玉、金半月、金満月、だんご赤、だんご黒」?? 
まるで、和菓子やさんの注文書みたい(笑)
ご興味のある方は、http://www.pangea.jp/kyureki/
月の満ち欠けや季節に合わせた身体のお手入れ、旬のレシピなど、お役立ち情報も盛りだくさんです。
私は、日記帳としても活用しています。

今年も、松田氏より特別販売員?にご指名頂き、数冊お預かりしております。ご希望者には私からお渡し出来ます。
旧暦美人ダイアリー 2,800円 旧暦カレンダー 1,050円 です。
クリスマスプレゼントにもお薦めです。
ご注文お待ちしております(^ー^)

今週、祖母が急に入院することになりました。
転んで打った足の傷が悪化して、血管をつなぐ手術をすることになったからです。
入院の翌日、夫とお見舞いに行きました。
「手術、痛いんやろか~」と、怖がって心配はしていますが、自分で歩けますし、食欲もあって一安心。
そんなおばあちゃん、以前、腰の骨を痛めた時、「もう年齢も年齢。治るのは難しいだろう」と言われましたが、驚異的な回復を見せました。

実はおばあちゃん、昔から、とても姿勢がいいのです。
普段からきれいに背骨を立てて座ります。若い頃から、ほとんど病気をしなかったそうです。

お見舞いに行ったついでに、母が、私達に、いろいろ「持って帰り~」とお土産を渡してくれました。
その中に、夫の滋賀の実家から送られてきた、新米が入っていました。

それを見た夫が一句。
「お見舞いに 行ってもらえる 近江米(おうみまい)」(笑)

昨日、夫が一人でお見舞いに行ってくれた時、
おばあちゃんは、ベットにきちんと腰をかけて対応してくれたそうです。
「ずっと寝てばっかりいると、身体弱ってくるしなぁ~」

今度も回復が期待できそうです(^ー^)


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)(永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/
 JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  11月19日(金)・12月3日(金)・12月17日(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
          初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

元とらなあかん(-0-)/

かつらです。いつもありがとうございます。

もう11月!早いものですね。
11月23日(火・祝)の新橋クラスはお休みになります。よろしくお願いいたします。

先週末、祖父母と千葉へドライブに行く予定だったのですが、台風で中止になってしまいました。
せっかくの時間がぽかっと空いたので、夫と、出光美術館へ、「仙 禅とユーモア」展 を観に行くことにしました。

昔、両親に、初めて美術館へ連れて行ってもらった時、順番に、端から端まで、解説もちゃんと読みながら歩いて、見終わった時には、くったくた。
せっかく来たんだから、全部きちんと見なきゃいけないと思っていました。

関西出身の母いわく、「元とらなあかん」(笑)

成人して、自分のお金で観に行くようになった時、ヨーガの師匠に美術館の楽しみ方を教えてもらいました。

「美術館に行ったら、作品を楽しめばいい。歴史やなんかの“勉強”は、他でもできます。後で本読んだり、図書館で調べればいいんですよ。」

「たいてい、入り口のあたりが一番混んでますから、そこは抜けて、最初からお目当てのところに行けばいいんです。後はてきとうに・・・。」

「作品の良し悪しは、一瞬です。 どこがいいか“考え”始めたら、もう違いますね。」

出逢った一瞬が勝負。
響き合いがなければ、それは、作品がいまいちなのか、自分の見る目がないか、どちらかということです。

仙は、江戸時代後期の禅僧で、「東の良寛、西の仙」 と言われたほど、有名なお坊さんでした。
今回、仙さんの、やわらかい布袋の絵を楽しみに行ったのですが、

実際に、最も響いたのは、「無事」 という書でした。

ガラスケース越しに、ちらっと字の一部が目に入った瞬間、ぐいっと惹きつけられました。
「ん!?」 と思いながら、正面にまわると、「無事」がありました。
感じたのは、力強さ。それでいて、押し付けがましくはなく、ぴたっと焦点の定まった感じ。
潔し。
思わず、何度も観に行ってしまいました。

無事とは、 「無事是貴人」という臨済義玄の言葉。
「無」を知る事、そして「無」であることを知る者、つまり、一切の妄念や欲望から自由な者こそが尊い人物であると言う意味があるそうです。

展示室を出たところに、素敵なお茶のセルフサービスコーナーがありました。その充実ぶりにびっくり!
煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶と揃っていて、ホットとアイスが選べます。
しかも、ソファーが、大きなガラス張りの窓に向かってセットしてあります。
9階から、皇居を見下ろしながら、お茶を飲めるように配慮されているのです。

さすが出光!

温かいほうじ茶をいただきながら、ほっと一息。
ゆったりとソファーに腰掛けて、雨に煙る皇居の緑を眺める時間もまた、贅沢なひと時でした。

素敵なお茶タイムまでついて、入館料1000円。

お母さん、ちゃんと元とったよ! (^ー^)v



★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
        (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
          (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
          JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
          初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  11月5日(金)・11月19日(金)・12月3日(金)・12月17日(金)
         19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
        (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。