春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ちこぼれでよかった~

密教ヨーガ入門 ・開脚

密教ヨーガ入門 ・犬

密教ヨーガ入門・逆転

密教ヨーガ入門・ウッディヤナ


密教ヨーガ入門 ・呼吸法

密教ヨーガ入門 ・瞑想


かつらです。いつもありがとうございます。

まず、お知らせから。

新橋クラスは、第5週(30日)のみ、会場の都合で、時間が変更になります。14時~16時 (開場 13時30分) となります。

他のクラスは通常通りです。よろしくお願いいたします。

さて、お蔭様で、夫の「 密教ヨーガ入門 」は無事に終了いたしました(^ー^)

ご感想も色々といただきました。

どこにポイントを置いてアーサナをすればよいか、説明が分かりやすかった。

資料の図解と解説が分かりやすかった。

身体の細胞ひとつひとつが喜んでいるようでした。

最後の音楽で、背骨がビンビンと震えました。

等々。

また、背骨がよ~く“実感”出来て、翌朝、起きた時、背骨がほかほかでしたというお声もありました。(^-^)

「 すべての秘密は、背骨にある。 」  まだまだ秘密はございます。次回もご期待くださいませ。


それでは、今日は、インドの小話です。

昔々、四人組の仲良しがいました。

しょっちゅう一緒にいましたが、四人のうち三人は、大の学問好き。

世の中に学問の勝るものをないと信じていました。その代わり、俗に言う学者バカ。

ちょと常識に欠けている所があります。

もう一人は、学問に興味なし。見事な落ちこぼれ。ただし、世間を渡っていく知恵を充分に身につけていました。

ある日、四人は教養を磨くために、旅に出よう!ということになりました。ところが提案した学問好きが、話を続けました。

「僕ら三人は学問があるし、それが旅のあいだに役立つと思うんだけど、こいつ、落ちこぼれはどうかな。

何も知らないから、足手まといになるんじゃないかって、心配なんだ。」

「足手まといになんかならないよ。」と、落ちこぼれは、不満顔。 あわや殴りあいになりそうになりました。

結局、別の学問好きが仲裁に入って、四人で行くことになりました。こうして、四人そろって、長い旅に出発すると、すぐにうっそうとした森にさしかかりました。

「なんだろ、これ」と、落ちこぼれが地面を指さしました。

「こりゃ、死んだ動物の骨だな。ほら。周りに肉も皮も散らばっている、おい、面白いことがあるぞ」

「僕たちの学問を試せるよ。蘇生術というのを、習ったじゃないか。この動物を生き返らせてみないか?」

「そりゃいいね。じゃ、僕は骨の形をもと通りにしよう。」

「僕は、皮、肉、血の面倒をみる。」

「じゃ僕は、仕上げの蘇生法を受け持とう。」

準備万端整って、いよいよ動物を生き返らせようというその時になって、落ちこぼれがおずおずと口をはさみました。

「この動物、たぶんライオンだと思うんだ。生き返らせないほうがいいぜ。」

「バカは口出すな!」仕事を邪魔されて、学問好きの一人が叫びました。

「落ちこぼれに何かわかるんだい?僕らは、動物を生き返らせる方法について、長い間学んできたんだぞ。

ライオンだって何だって、必ず生き返らせてみせるよ」

そこまで怒鳴られては、落ちこぼれとしても何も言い返せません。

「じゃ、ちょっとだけ待ってくれよ」 と近くの高い木に登りました。

そして、巨大なライオンが、見事に生き返ったのです。

三人の学問好きは、あっという間にライオンに食べられてしまいました。

木の上で、落ちこぼれは震えて見ているしかありませんでした。

満腹したライオンが去って、ようやく落ちこぼれは落ち着きを取り戻し、ため息まじりにつぶやきました。

「学問ってやつは、身を滅ぼすんだね。俺はよかった。勉強が嫌いな落ちこぼれで・・・。」


★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時30分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線 内幸町駅 A3出口 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★国分寺クラス   10/5(金)・10/19(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時30分)
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

有名な月

かつらです。いつもありがとうございます。

先日、アイフォン5の発売のニュースを見ました。

情報伝達ツールは、凄い速さで進化していきますね。

ヨーガの立場から見れば、現代人の眼と頭は、他の身体の部分と比べて明らかに使われすぎ。

身体の悲鳴が聞えてくるようです。

さらに、加速度的に情報が増えていく・・・処理する人間の方も、同じようなスピードで進化出来ればよいのですが・・・。 


今日は、チベットの民話をどうぞ(^ー^)

昔、一人の男がいました。

男はひどく貧しかったので、食べ物を手に入れるには、家から家へ回りながら、自分より幸運な他人に小麦を恵んでもらうしかありませんでした。

ある日、彼は非常に運よく、たくさんの小麦を恵んでもらい、大喜びで家に帰りました。

その家は、本当にとても小さく、鼠がいっぱいいたので、彼は、鼠に食べられないように大事な小麦を袋に入れて、天井の梁から吊るしておきました。

そして、夜になると、袋が吊り下げられた真下のベッドに横たわりました。家にはほとんどすきまというものがなかったからです。

男はすぐには寝つけませんでした。

そこで、心の中で計画を立て始めました。

男は心の中で、こう思ました。

「袋の中の小麦は全部は食べないことにしよう。種にするために少し取っておいて、蒔いて、もっとたくさんの小麦に育てるんだ。

一年経てば、十袋になる。二年後は、百袋だ」。

それからまだまだ、計画は進んで、年々収穫する袋が増え、ついには金持ちになるところまで行きました。

そこで今度はこう考えました。

「そしたらもう、こんなちっぽけな小屋に住む必要もなくなる。自分で宮殿を建てて、召使に面倒を見させることにしよう。

美しい妻を見つけて、それから、もちろん子供が生まれる。最初は男だ。絶対そうだ。だが、いったい何と名前をつけたらいいだろう」。

こうやって、男はベッドに横になったまま、今度は未来の息子の名前を考え始めました。

たくさんの名前を思いつきましたが、どれも満足できるものではありません。

しかし、ついに黒々とした空に、透明な輝きをたたえた明るい月が昇るのを目にすると、男は一人、大声で叫びました。

「そうだ!有名な月(ダワ・タクパ)、有名な月と呼ぶことにしよう! 月(ダワ)みたいに、有名(タクパ)になるだろうから!」

ところが、ちょうどその瞬間、彼の真上の梁に吊るされた小麦袋の縄を齧っていた鼠が、歯で縄を噛み切ったのです。

袋は哀れな男の頭に落ち、男は即死。

彼の入念な計画は何一つ実現しませんでした。

未来の夢の中に生きていたせいで、現在さえ男から逃げていったのでした。



★一日研修会 「 密教ヨーガ入門 」 講師:新開 春樹
       9月22日(土・祝) 10時30分~16時30分(開場:10時00分) 
       (緑が丘文化会館・別館 第2レクリエーションホール 自由が丘駅 徒歩7分 ) 
       ※要予約  7,500円(講座資料付き・当日払い)
       懇親会 3,000円(飲み放題付) 要予約

★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時30分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線 内幸町駅 A3出口 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★国分寺クラス   9/21(金)・10/5(金)・10/19(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時30分)
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

歩けば、着く

かつらです。いつもありがとうございます。

早いもので、宣伝させていただいている、夫の「密教ヨーガ入門」開催も残り2週間を切りました。

おかげ様で、9月に入ってから少しずつお申し込みも増え始め、形が見えてまいりました。

夫からのメッセージです。

『 山奥へと分け入り、清流に出会った時、

人は「はっ」として、心洗われるような独特の心地よさと開放感を味わいます。

それと同じように、人は自分の中にあるエネルギーがスムーズに流れた時、何ともいえない気持ちよさと開放感を感じるのです。

ハタ・ヨーガでは、そのエネルギーを意識的にコントロールします。

今回は、ハタ・ヨーガ独特の開放感のメカニズムを、シンプルにお伝えします。

心と身体を開放することによる、魂本来の開放感をお楽しみ下さい。

「迷った時は、背骨に聞こう。背骨は答えを知っている。」

まだ、お席に余裕がございます。よかったら、ご参加ご検討くださいませ。  春樹 』


今日は、先週に引き続き歩くお話。

世界中のあらゆる宗教において、巡礼というものがあります。

イスラム教のメッカ巡礼。キリスト教のカミーノ・デ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ。

日本の仏教にも四国のお遍路さんがありますね。

どうして、人は長い道のりを、苦労してまで、歩くのでしょう?

思い起こせば、大学生のワンダーフォーゲル時代。

目的の山が、空の色と溶け合うほどに遠く霞んで見えて、愕然とした北海道の山。

目的の山は、目の前にあるものの、それは、ガガーと切り立ち、手前には深い谷。
ここをいったん下ってから、また登るのかと、ぞっとした起伏激しい、南アルプス。

重たいザックが背中にのしかかり、前傾姿勢で歩くために、うつむき加減の顔から、汗が髪の毛をつたって、ぽたっ、ぽたっと地面へ落ちていく。

苦しくて苦しくて、ふぅ、ふぅ、っと歩いている時に、ふと奥から湧き上がってきたある思いが、今も忘れられません。

 「この足を前に出すしかないんだ・・・」 

体力の限りを搾り出し、また1歩、また1歩。 前に前にとにかく足を前に送り出す。

余裕がないので、もうただ、それだけ。

それでも、不思議と、ホントに着けるのかしら?と思われた目的地に、必ず到着出来たのでした。

実感したのは、自分で踏み出すしかない、一歩の重み。

「歩くしかない、そして、歩けば着く。」

「千里の道も一歩から。」

月並みですが、普遍的なことなのかも知れません。

明日は、そのワンゲル仲間の女子会に、軽やかに行ってきま~す(^0^)/


★一日研修会 「 密教ヨーガ入門 」 講師:新開 春樹
       9月22日(土・祝) 10時30分~16時30分(開場:10時00分) 
       (緑が丘文化会館・別館 第2レクリエーションホール 自由が丘駅 徒歩7分 ) 
       ※要予約  7,500円(講座資料付き・当日払い)
       懇親会 3,000円(飲み放題付) 要予約

★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時30分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線 内幸町駅 A3出口 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★国分寺クラス   9/21(金)・10/5(金)・10/19(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時30分)
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

快眠の秘訣♪

かつらです。いつもありがとうございます。

やっと暑さが和らいできましたね。今年の夏も、よく汗をかきました!

ヨーガをすると、よく汗が出ます。特に、背骨にそって汗をかきます。

それは、背骨がエネルギーの幹線道路だからです。

エネルギーが流れる時には、同時に熱も発生します。

シャバーサナから起きてくると、自分が寝ていた場所が、しっとり(^~^)

驚くほど、放熱しているのがわかります。

お蔭で、ヨーガが終わった後は、すっきり。

外に出ても、湿気を含んだ生ぬるい風まで、爽やか~に感じられるから不思議なものです。

さて、この「放熱」は、実は、快適な睡眠にも、大変重要です。

赤ちゃんや小さな子供は、手足が火照ってくると、眠くなってきたサインですよね?

実は大人も同じです。私たちの身体は、寝る準備として、末梢血管を膨張し、血流量を増やします。

手足から、放熱するためです。そうすることで、頭の熱を抜いて、クールダウンしているのです。

日中使いすぎた頭は、過熱状態。頭の熱を抜き、頭を休めることで、スムーズに睡眠に入っていけます。

ちなみに、熱帯夜が寝苦しいのは、体温と同じくらい温度が高いために、手足からの放熱がうまくいかないからです。


ヨーガでは、準備として、手足の関節をほぐすパワンムクタを、レッスンの最初に行います。

手足の関節がほぐれて、手足が楽になるのはもちろんですが、さらに驚くのは、頭が休んで、ラク~になることです。

現代人は、頭の使いすぎで、エネルギーが過剰に集まる、いわゆる、のぼせの状態にあります。

この過剰になったエネルギーが、手足の末端に流れていくことで、エネルギーのバランスがとれ、頭がほっとするのです。

これは、すぐに実感出来ます。

身体は、ひとつ。エネルギーも、ひとつ。つながっています。

実は、身体を動かすエネルギーも、思考に使うエネルギーも、元は同じエネルギー。

パソコンも炊飯器も、同じ電気で動いているのと同じです。

ですから、頭を休めるには、何もしないよりも、別の場所へエネルギーを流してあげた方が、効率よく休まります。

特にエネルギーを沢山使える下半身が有効! お散歩もお薦めです。

哲学者、西田幾多郎が、思索しながら歩いたことで有名な、京都の哲学の道。

きっと歩きながら考えた方が、よいアイデアが浮かぶという“実感”があったのでしょう。

何事も偏りすぎは禁物。

ヨーガは、全身を満遍なく使って、エネルギーのバランスをとってゆくものでもあります。

人はちゃんとバランスが取れたとき、それを「快」と感じるのです。(^-^)


★一日研修会 「 密教ヨーガ入門 」 講師:新開 春樹
       9月22日(土・祝) 10時30分~16時30分(開場:10時00分) 
       (緑が丘文化会館・別館 第2レクリエーションホール 自由が丘駅 徒歩7分 ) 
       ※要予約  7,500円(講座資料付き・当日払い)
       懇親会 3,000円(飲み放題付) 要予約

★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時30分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線 内幸町駅 A3出口 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★国分寺クラス   9/7(金)・9/21(金) 19時00分~21時00分 (開場:18時30分)
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。