春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ、日本!!

かつらです。いつもありがとうございます。

まずは、通常クラスのお知らせから。

明日、6月5週目ですが、吉祥寺クラスあります。

7月の新橋クラス(火曜)は5回開催致します。その他は通常通りです。

よろしくお願い致します。

春樹です。

今日は、ホットなW杯日本代表、本田選手の話です。

大会を振り返った本田選手、

「やはり一番、考えて辛かったのは、4年間正しいと思ってやってきた、

貫いてきたことを結果として否定せざるを得なくなったこと」

「納得いく試合ができなかった以上、時間をかけてまた一から、

自分自身が物差しづくりというのをしないといけない」

ここに彼の強さが現れていると思いました。

辛い結果をしっかりと受け止め、成長の糧に変えようという姿勢。

彼の高校時代にこんなエピソードがあります。

走るのが苦手だった本田選手。一年生の秋に同級生の陸上部員に頼みました。

「スタミナが課題やねん。サッカー部の練習だけでは補われへんし、朝練に交ぜても
らってもいいか」。

以降、遠征時などを除き、平日の早朝6時から毎日自主トレに参加しました。

当初走り方も悪く、陸上部員がゆっくり走っても500メートルもついて来れなかっ
た本田選手。

しかし、彼は走りながら、同級生に「どうしたらいい」「具体的にどこが悪いねん」

と謙虚にアドバイスを求め、フォームを改善。

入学後の体力テストでは6分程かかっていた1500メートル走を、

2年の最後には4分半にまで縮めました。

さて、私としては、本田選手ががっかりするほど悪い結果には見えませんでした。

前日本代表監督のオシムさんも言っております。

「日本人選手のすぐれた部分を生かした“日本らしいサッカー”

を進めるという方向性は間違っていない。組織性や勤勉性、俊敏性、献身性など

日本の長所を生かしたスタイルはまだ完成していない。

これから伸びていく余地がまだまだある。」

今回は、自分たちのスタイルを持って、本当の意味での真剣勝負の世界に

仲間入りを果たした気がいたします。

壁に跳ね返されはしましたが、それも大事な経験。

これから、さらに大きな大会での経験を重ねて行くことで、

精神的なプレッシャーも克服し、世界と渡り合えるようになるのではないでしょう
か。

大いなる希望に出会えた大会でした。(^-^)頑張れ、日本!!

★特別講座(桂)  「ハートの開放(フリダヤ・チャクラの開発)」       
     
          7月21日(月・祝)13時~17時(オフィス銀の鈴 新橋駅徒歩
12分)
          6,000円(当日払い)※要予約 懇親会 3,000円 ※要予約 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

★瞑想ヨーガ(春樹)  第2木曜(原則)7月10日(木)19時~21時(オフィス銀の
鈴)
            3,000円 ※初回のみ要予約

★ハッピーエイジング・ヨーガ  木曜 7月17日、24日
                10時半~12時(10時15分開場) 各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴)
http://www.ginnosuzu.net/fairground/20140605.html

★吉祥寺クラス     日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000


★新橋クラス      火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス     金曜 7月11日、25日 19時~21時(国分寺駅徒歩3分)2,
500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト  
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/

スポンサーサイト

視点を高くする

春樹です。

サッカー日本代表は引き分けでいよいよ崖っぷちに追い込まれました。

しかし、こんな時こそ今まで積み重ねてきた力が試されます。

ピンチの時によく言われる言葉に「熱い心と冷めた頭」というのがありますね。

モチベーションは高く、判断は冷静に。

確かにその通りですが、どうすれば・・・

実は答えがあります。

ポイントは眉間にあり。

7月10日(木)の瞑想ヨーガのテーマは「視点を高くする」です。

ヨーガでは眉間の奥のエネルギースポットをアジュナーチャクラと言います。

ここは、第三の目とも呼ばれ、洞察力、判断力を司ります。

高い山の頂上から景色を眺めた時、思いの外遠くまで見渡せて

気持ちまで大きくなった。

そんな経験はないでしょうか。

私たちの普段の思考の働きは、言わば山にかかる雲のようなもの。

絶えず消えては現れ、消えては現れを繰り返しながら風に流れていきます。

しかし、どんなに雲が出ても雲の上にある頂上は影響を受けません。

この山の頂のように、思考の働きの影響を受けないのが

アジュナーチャクラの特徴です。

ここを開発することで、人は高い視点から広い視野で物事を見ることができます。

何かに行き詰ったり、問題が起きたりすると、焦って視野は狭くなりがちです。

そんな時はすっきりと背骨を立てて、視点を高くしてみましょう。

目の前に起こった出来事を変えるのではなく、

視点を変えてみる。

そこには、全く違った景色が広がっているかもしれません。

「仙人」とは高い山の上から物事を眺める人。

「俗人」とは低い谷間から物事を眺める人

瞑想で、晴れ晴れと伸びやかな山の視点をお楽しみください。

★瞑想ヨーガ(春樹)  第2木曜(原則)7月10日(木)19時~21時(オフィス銀の鈴 新橋駅徒歩12分)
            3,000円 ※初回のみ要予約

★特別講座(桂)  「ハートの開放(フリダヤ・チャクラの開発)」            
          7月21日(月・祝)13時~17時(オフィス銀の鈴)
          6,000円(当日払い)※要予約 懇親会 3,000円 ※要予約 
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm
         

★ハッピーエイジング・ヨーガ  木曜 6月26日、7月17日、24日
                10時半~12時(10時15分開場) 各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴)
http://www.ginnosuzu.net/fairground/20140605.html

★吉祥寺クラス     日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス      火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス     金曜 6月27日、7月11日、25日 19時~21時(国分寺駅徒歩3分)2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト  http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/

煉瓦に乗った神様

かつらです。いつもありがとうございます。

最近オープンして大注目の“虎の門ヒルズ”。

実は、新橋・オフィス銀の鈴さんのすぐ近く(^0^)

いつか覗いて見たいと思っています。

6月26日(木)銀の鈴のイベント「縁日」にて、
「椅子に座ったまま出来る簡単20分ヨーガ」を致します。

テーマは「ハートの開放」です。

ハートとつながりの深い手、肘、肩をお手入れし、ハートを開放します。

15時~20時半。20分500円。希望者が集まり次第、随時開催いたします。

ご予約不要。お気軽にお立ち寄り下さいませ(^ー^)

詳細は、HPをご覧下さい。http://www.ginnosuzu.net/fairground/20150626.html


さて、南インドの有名な巡礼地マハーシュートラ州のヴィトーバ寺院に

腰に手を当てて、煉瓦に乗っている変わった神様の像があります。

今日は、その神様にまつわるお話です。

ヴィトーバ寺院の近くにある信仰熱心な男が住んでいました。

その男は、クリシュナ神を3生に渡って信仰し、一度でいいからクリシュナに会いたいと

強く強く願っていました。

その信仰に心打たれたクリシュナは男に会いに行きました。

貧しい男の家には扉もなく、クリシュナは戸口から家に入っていきました。

ところが、間が悪いことに男は重病の母親の足を熱心に揉んでいる最中でした。

男は、誰かが入ってきたことに気づきましたが、振り向かずに、

「お客人。すまないが、今取り込み中でね。ここに座って待っててくださいな。」

と言って、自分が座っていた煉瓦をポーンとクリシュナの方に投げました。

クリシュナは静かに待ち続けました。

ところが、熱心な男のマッサージは一向に終わる様子がありません。

とうとう夜明け近くになってきました。

クリシュナも、朝の礼拝にくる信者のためにお寺に帰らねばなりません。

そこで、クリシュナは考えました。

「彼に私が会いに来た証を残しておこう。」

そして、身代わりに煉瓦の上に立った自分の彫像を残し、

クリシュナは男の背中を見つめながら、お寺へと帰ったのでした。

★特別講座(桂)  「ハートの開放(フリダヤ・チャクラの開発)」            
          7月21日(月・祝)13時~17時(オフィス銀の鈴 新橋駅徒歩12分)
          6,000円(当日払い)※要予約 懇親会 3,000円 ※要予約   
         http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

★瞑想ヨーガ(春樹)  第2木曜(原則)7月10日(木)19時~21時(オフィス銀の鈴)
            3,000円 ※初回のみ要予約  

★ハッピーエイジング・ヨーガ  木曜 6月19日、26日、7月17日、24日
                10時半~12時(10時15分開場) 各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴)
http://www.ginnosuzu.net/fairground/20140605.html

★吉祥寺クラス     日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス      火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス     金曜 6月27日、7月11日、25日 19時~21時(国分寺駅徒歩3分)2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

エネルギーの充電

今晩は。春樹です。

いよいよ梅雨に入りました。

昨日までの暑さが嘘のような梅雨寒。

身体の方はなかなかついて行かずに大変ですね。

こんな時には、エネルギーがいつも以上に必要になります。

そこで、6月12日(木)の瞑想ヨーガのテーマは「エネルギーの充電」です。

胃袋の裏側には、太陽神経叢とよばれる神経の束があります。

ここは、インドでは昔からエネルギーのバッテリーとして、

マニプーラ(宝石の都)と呼ばれ、パワーの源として活用されてきました。

ここに、呼吸法でプラーナ(エネルギー)を十分に集めて瞑想いたします。

目とのつながりの深い場所であり、太陽神経叢にエネルギーが充電されると

疲れた目にもエネルギーが供給されます。

ヨーガの後に目が良く見えるのは、このためです。

また、この時期の大敵は湿気。身体の中に湿気がたまりやすく、

特に関節、膝や肩・肘などにその影響が出やすくなります。

ヨーガのパワンムクタ(関節の毒抜き)で、関節の余分な湿気をとばします。

ヨーガでは、エネルギーの中枢の背骨のエネルギーの流れを改善するので、

運動や入浴等で汗をかくよりも効果的に体の中の湿気をとることが出来ます。

身体が変われば、心も変わる。

梅雨時期特有のもやっとした感じも、すっきりに変わります。

太陽神経叢にエネルギーを充電して、気持ちもON。

元気に梅雨を乗り切りましょう。

★瞑想ヨーガ(春樹)  第2木曜(原則)6月12日(木)19時~21時(オフィス銀の鈴)
            3,000円 ※初回のみ要予約  

★特別講座(桂)  「ハートの開放(フリダヤ・チャクラの開発)」            
          7月21日(月・祝)13時~17時(オフィス銀の鈴)6,000円(当日払い)※要予約
          懇親会 3,000円 ※要予約 http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

  
★ハッピーエイジング・ヨーガ  木曜 6月12日、19日、26日、7月17日、24日
                10時半~12時(10時15分開場) 各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴 新橋駅徒歩12分) http://www.ginnosuzu.net/fairground/20140605.html


★吉祥寺クラス     日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス      火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス     金曜 6月13日、27日 19時~21時(国分寺駅徒歩3分)2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

05 ≪│2014/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。