春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内なる熱をおこす

IMG_3064.jpg

IMG_3133.jpg

IMG_3164.jpg

IMG_3209.jpg

IMG_3200.jpg

かつらです。いつもありがとうございます。

本格的な冬到来ですね。まずは12月のお知らせから。

国分寺クラスは、会場の都合で19日(金)・26日(金)開催となります。

新橋クラスは、23日(火・祝)、30日(火)お休みとさせて頂きます。

よろしくお願い致します。

続きまして春樹です。

お蔭様で、密教ヨーガ「シヴァ 第三の眼」は天候にも恵まれ、無事に終わりました。

普段やることのないシヴァの連続技。結構体力も使うのですが、

太鼓のリズムに乗って、皆さま楽しそうになさっていました。

じっくりと眼のお手入れも行い、眼をリラックスさせてからの第三の眼の瞑想。

終わった後の晴れやかなお顔に、額のビンディーが輝いて見えました。


さて、気が付けば今年もあとひと月。

本格的な冬もやってきます。年の瀬で懐は寒くなりがちですが、こんな時こそ、

中から温まりましょう。

12月11日(木)の瞑想ヨーガのテーマは「内なる熱をおこす」です。

お臍のチャクラは「火」の要素。寒いヒマラヤでは、お臍にエネルギーを集めて

熱をおこすヨーガが発達しました。

普段、胸の領域にあるプラーナヴァーユは上向きの流れとして働き、

骨盤から足にかけて働くアパーナヴァーユは下向きに流れます。

上に上がろうとするプラーナをジャーランダラバンダ(喉締め)で下に、

ムーラバンダ(会陰締め)で下に下がろうとするアパーナを上に逆流させて、

お臍で二つのエネルギーをぶつけます。

この二つのエネルギーのぶつかる摩擦で熱をおこします。

熟達すれば、雪の中で坐っても、周りの雪が溶けてしまうほど。

集まった熱は、温かさはもちろん活力そのものです。

寒い冬をヒマラヤの知恵で乗り切りましょう。


最期にヒマラヤにまつわる小話です。

ヒマラヤに600歳になる聖者がいるとのうわさを西洋のジャーナリストが耳にしました。

早速、ヒマラヤに探しに行き運よくみつけることができました。

しかし、見たところその聖者は60歳ぐらいにしか見えません。

隣にいた若い30歳ぐらいに見える付き人に聞いてみました。

「彼は、600歳だという噂ですが本当ですか?」

「いやぁ~、実は私もはっきりとはわからないんですよ。」

「ただ、わたしがお仕えしてからだけでも300年になりますが・・・」


★瞑想ヨーガ(春樹) 第2木曜(原則)12月11日(木)19時~21時
       (オフィス銀の鈴)3,000円 ※初回のみ要予約 http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

★ハッピーエイジング・ヨーガ 木曜 12月11日、18日、25日
         10時半~12時(10時15分開場)各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴)
http://www.ginnosuzu.net/fairground/201410-12.html

★吉祥寺クラス  日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス   火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス  金曜 12月19日、26日 19時~21時
        (国分寺駅徒歩3分)2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/
スポンサーサイト

第三の眼のお話♪

11月も半ば。本屋さんにはカレンダーや手帳が並び、
もう来年の準備が始まっていますね。

来年への希望を膨らませるのもまずは形から(^-^)

今年も大好評☆

ヨーガ仲間の松田 恵美子さんがコラムを担当する
旧暦美人ダイアリーとカレンダーのご紹介です。
http://www.pangea.jp/kyureki/

ダイアリーの目玉は、月の礼拝体操「チャンドラ・ナマスカール」

貴重なイラスト付でご紹介されています。

今日のお月様がイラストですぐわかる卓上タイプの便利なカレンダーは、
プレゼントとしても最適です♪

ダイアリー ¥2880(税込)カレンダー ¥1080(税込)

お教室に見本とパンフレットをお持ちしております。
よかったら、お声かけくださいませ。(^-^)

さて、台風で振り替えにさせて頂いた、密教ヨーガ「シヴァ 第三の眼」
も近づいてまいりました。

今日は、シヴァの第三の眼にまつわる神話です。

シヴァは、ブラフマー(創造神)の息子ダクシャの娘サティーと恋に落ちました。

ダクシャは、灰を塗りたくり髪を無造作に結い上げた
苦行者姿のシヴァが気に入りません。(わかる、わかる)

ダクシャは、サティーの結婚相手を選ぶ宴会にシヴァを招待しませんでした。

シヴァを熱狂的に愛していたサティーは、
心の中でシヴァを呼び、結婚相手を決める花環を空中へ投げました。

するとシヴァが現れ花環を受け取り、
ダクシャも結婚を認めざるを得なくなりました。

それでも、気に入らないダクシャは盛大な火の供儀祭に
シヴァとサティーだけ招きません。

それを知ったサティーは、夫の名誉を守るため、
自ら供儀の火の中に身を投じ焼身自殺をします。

それを知ったシヴァは、激怒し供儀祭を台無しにして、
ダクシャを殺しました。

灰の中から、サティーの亡骸を抱き上げヒマラヤに籠り以後、
苦行に専念します。

サティーは「ヒマラヤの娘」パールヴァティーとして生まれ変わり、

苦行者シヴァを振り向かせるために、自らも苦行に専念します。

その当時、悪魔ターラカに神々は、悩まされていました。

ターラカを倒せるのは、シヴァの息子だけと予言されていました。

そこで、神々は愛神カーマを派遣し、
カーマは瞑想を続けるシヴァの胸に愛の矢を射かけます。

瞑想を妨げられたシヴァは怒り、
第三の眼から火炎を放ちカーマを焼き殺します。

しかし、後に待ち望んだサティーが生まれ変わったことに気づき、
二人はめでたく結ばれました。

インド神話の世界は、一見残酷で不条理。

筋が通らないこともシヴァシヴァ。

火曜サスペンスだとしたら、最悪です。

それもそのはず。
実は、インド神話には密教の教えが暗喩として語られているからです。

その道に通じた人だけがわかる暗号のようなもの。

第三の眼(知慧の眼)が開くと、

神話の中から生き生きとした別の世界が見えてくるかもしれません(^~^)

そして、神話はいつも同じことを言っています。

「どんなことがあっても私たちの中に、
いつも変わらず幸せがあるんだよ。」

★一日研修会(春樹) 密教ヨーガ「シヴァ 第三の眼」 
        11月23(日・祝)11時~17時 8,000円※要予約
       (サロン0オー京王井の頭線永福町駅 徒歩12分)
         懇親会 3,000円(飲み放題付)※要予約

★眼からウロコの「眼のヨーガ」(桂)        
        11月24日(月・祝)14時15分~16時45分(開場14時)
       (オフィス銀の鈴※6階 新橋駅徒歩8分)
        2,000円(当日払い)※ご予約優先・当日参加可
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

★瞑想ヨーガ(春樹) 第2木曜(原則)12月11日(木)19時~21時
       (オフィス銀の鈴)3,000円 ※初回のみ要予約

★ハッピーエイジング・ヨーガ 木曜 11月20日、12月11日、18日、25日
         10時半~12時(10時15分開場)各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴)
http://www.ginnosuzu.net/fairground/201410-12.html

★吉祥寺クラス  日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス   火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス  金曜 11月28日 19時~21時
        (国分寺駅徒歩3分)2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/

眼からウロコの「眼のヨーガ」

明るいお腹

明るい臍
 
明るい前屈

明るい足上げ

明るい呼吸

かつらです。いつもありがとうございます。

先日、お蔭様で特別講座 「 内なる炎を燃やす(お臍・パワーの瞑想) 」を無事に終えることが出来ました。

お忙しい中ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。

「講座の途中で、すでにお臍が温かくなってきました。」

「4時間があっという間に過ぎました。」

慣れている方からも、「呼吸法にこんなに種類があるなんて奥が深いですね。」

などとご感想をいただきました。

懇親会は、形が似ているものからは力がもらえるという
古代の人の発想にあやかって、

お臍があったまりそうな小籠包のお店にいきました。

皆さん、元気なお臍で美味しく食べて、話の花も咲きました。(^-^)

さて、秋はイベント目白押し。

新橋クラスでお世話になっているオフィス銀の鈴の年に一度のお祭り

ザ・フェアが11月22日(土)~24日(月・祝)3日間開催されます。

私は、11月24日(月・祝)に参加致します。

“えっ!90分で眼がこんなに楽に?! 眼からウロコの「眼のヨーガ」”

14時15分~15時45分(開場14時)2,000円 

前日23日は、夫の密教ヨーガ「シヴァ 第三の眼」を致しますが、

24日は、普段からおなじみの2つの眼のお手入れ。

パソコンやスマホなどで眼を酷使する現代。

眼のお手入れは必須になってきています。

なぜ眼はこれほど疲れるのでしょうか?

それは、「見る」ことがエネルギーを消費することだからです。

実は「見る」という事は、情報が単に眼に入ってくる事ではなく、
情報を外に取りに行っているのです。

背中に“視線”を感じて振りかえった経験はないでしょうか。
「視線」とは正に、エネルギーのビームのようなもの。

自分の中からエネルギーを出して情報を取りに行っています。

ヨーガでは、意識的に見ている時、全体のエネルギーの半分以上
消費していると言われています。

ですから、眼の健康を維持するためには消費したエネルギーを
ちゃんと補充する必要があります。

こわばった眼球を眼のアーサナでほぐすのはもちろん、

気功の世界でも最も氣の出る場所の一つとして知られる掌を眼に当てて
眼にエネルギーを注ぎます。

ただ、眼のお手入れはそれだけでは十分ではないかもしれません。

なぜなら、眼は全身とつながっています。

全身のエネルギーが枯渇すれば、眼に供給出来るエネルギーも枯渇します。

全身にエネルギ―を満たさなければ、
眼にもエネルギーが十分にまわらないという訳です。

ですので、ヨーガでは、眼だけでなく全身を調えます。

中でも、眼とつながりが深いのがお臍。

しかも、お臍はエネルギーが集まるバッテリーのような場所。

まさに一石二鳥(^ー^)

呼吸法でエネルギーをお臍に集めて充電し、眼も身体も元気にします。

ヨーガの後によく眼が見えるのには、ちゃ~んと理由があったのです♪

眼からウロコの気持ちよさをどうぞ。

ご予約優先となりますが、当日参加も可能です。

場所は、新橋・オフィス銀の鈴 ※6階
(1階ではありませんので、ご注意下さい) 

《持ち物》動きやすい服装・敷物

ご参加お待ちしております♪ 

ザ・フェアin銀の鈴2014の詳細は、銀の鈴HPをご覧ください。
http://www.ginnosuzu.net/fairground/thefair2014.html

★眼からウロコの「眼のヨーガ」(桂)        
        11月24日(月・祝)14時15分~16時45分(開場14時)
       (オフィス銀の鈴※6階 新橋駅徒歩8分)
        2,000円(当日払い)※ご予約優先・当日参加可
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

★一日研修会(春樹) 密教ヨーガ「シヴァ 第三の眼」 
        11月23(日・祝)11時~17時 8,000円※要予約
       (サロン0オー京王井の頭線永福町駅 徒歩12分)
         懇親会 3,000円(飲み放題付)※要予約

★瞑想ヨーガ(春樹) 第2木曜(原則)11月13日(木)19時~21時
       (オフィス銀の鈴)3,000円 ※初回のみ要予約

★ハッピーエイジング・ヨーガ 木曜 11月13日、20日、12月11日、18日、25日
         10時半~12時(10時15分開場)各回3,500円 
要予約(オフィス銀の鈴)
http://www.ginnosuzu.net/fairground/201410-12.html

★吉祥寺クラス  日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス   火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円

★国分寺クラス  金曜 11月14日、28日 19時~21時
        (国分寺駅徒歩3分)2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

10 ≪│2014/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。