春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もとの姿はかはらざりけり

かつらです。いつもありがとうございます。

来週6月30日(火)新橋クラスはお休みとさせて頂きます。

よろしくお願い致します。

春樹です。

7月9日(木)の瞑想ヨーガのお知らせです。

7月20日(祝・月)の特別講座「喉の開放」にちなんで「喉の瞑想」を致します。

喉は全身のレプリカ。喉を調えれば全身が調います。

特に、今回は裏側を意識してお手入れします。

背骨の裏側、そして喉の裏側のうなじがポイントです。

普段あまり意識しない裏側だけに、少し意識するだけで効果にびっくり。

シャッキっとして、元気も出ます。

呼吸法は、喉を閉じ、裏側を長~くして行うウジャイー呼吸法です。

世界一呼気が長くなる呼吸法です。

瞑想も呼気が長くなる長呼気の瞑想。

息を長く吐くとそれだけですごく落ち着きます。

喉をマッサージするように長~く吐く息の気持ちよさをお楽しみ下さい。


さて、頑張ってるのになかなか結果が出ない。

そんな経験はないでしょうか。

今日は、幕末の剣術家、山岡鉄舟のお話です。

禅にも造詣の深かった山岡は、ある時期、東京から三島まで

箱根越えのルートを月に2回、歩いて参禅していました。

三年目のある日、星定和尚が、初めて山岡に「よし!」と許しました。

ところが山岡は、

「なんだつまらぬ。こんなことでよいなら三年通って馬鹿を見た」

と和尚の許を後にしました。

そして箱根にさしかかると、ふと山の端からぬっと現われ出た富士を見て、

覚えず、「はっ」と豁然大悟しました。

山岡は喜びの余り、踵を返して走って星定和尚の許に戻りました。

和尚は山岡の顔を見ると、にこにこして言いました。

「今日はおまえが間違いなく、帰って来るだろうと待っていた」

そして、その時の心境を山岡が詠んだ歌が残っています。

“晴れてよし曇りてもよし富士の山

 もとの姿はかはらざりけり”


★瞑想ヨーガ(春樹) 第2木曜(原則 7月9日(木)
         18時30分~20時30分(開場18時15分)
        (銀の鈴)3,000円 ※初回のみ要予約

★夏の特別講座(桂)
「喉の開放 ハンサ(大白鳥)の瞑想」
       7月20日(月・祝)13時~17時(開場12時30分)
       参加費 6,000円(要予約)会場 新橋・銀の鈴6F
       懇親会 3,000円(要予約)
       
★ハッピーエイジング・ヨーガ 木曜 7月2日、9日、16日
       10時30分~12時(開場10時15分)各回3,500円 要予約(銀の鈴6F)

★吉祥寺クラス  日曜 11時~13時(開場10時45分)
         (永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分)3,000円

★新橋クラス   火曜 18時30分~20時30分(開場18時15分)
        (銀の鈴6F)3,000円

★国分寺クラス  金曜 7月3日、17日、31日
         19時~21時(開場18時30分)
        (国分寺駅徒歩3分)2,500円

詳細は、アーナンダ・ヨーガHP をご覧下さいませ。http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/
スポンサーサイト

夏の特別講座 「喉の開放 ハンサ(大白鳥)の瞑想」

かつらです。いつもありがとうございます。

夏の特別講座のご案内です。

今年も海の日、7月20日(月・祝)に新橋・スペース銀の鈴にて開催致します。

テーマは、「喉の開放」。

アーサナで喉を開放し、呼吸法で喉にプラーナ(生命エネルギー)を集めて、

喉のチャクラ(ヴィシュッダ・チャクラ)を開発します。

喉のチャクラは、コミュニケーション能力と深く関わります。

喉が開放されると表現力が増し、
伝えたいことをちゃんと表現できるようになります。

そして、「伝える」ばかりではありません。

実は「受け取る力」も高まります。

それは、「相手の気持ちを察する力」、「空気を読む力」です。

喉のチャクラは空間感覚を司ります。

喉が開放されると空間感覚が優勢になり、
空間の中に振動としてある微細な情報をキャッチする感度が上がります。

まさに空気を読む力が高まるのです。

そして瞑想は、「ハンサ」の瞑想。

「ハンサ」とは、何ものにも束縛されない
「真我・梵」を象徴する神話的な大白鳥のこと。

大空を自由に舞う大白鳥のように、軽やかに広がる開放感をお楽しみ下さい。

詳細は、HPをご覧くださいませ。http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm

さて、つい先日木曜日、虎の門ヒルズで休んでいた時のことです。

虎の門ヒルズには、無料で気兼ねなく座れる、座り心地のよい椅子が、
戸外にも屋内にもたくさん設置してあります。

その日は、曇りであまり暑くなかったので、戸外の椅子に腰かけました。

周りには、虎の門ヒルズのコンセプト「自然との共生」で植えられた草木たち
と静かに流れる水。

遠くに目を向けると、ビルの奥には愛宕山の鬱蒼とした樹木も見えます。

16時半をまわった夕刻、陽射しはもう傾きかけてやわらかく、優しい風が、
緑の間を通り抜けていきます。

午前中のハッピーエイジング・ヨーガクラスを終えてから夜の瞑想ヨーガまで
の待ち時間。ずっと新橋で過ごしていたので、ちょっと疲れを覚えていました。

こんな時こそ、背骨を立てて呼吸法、瞑想したいところですが、
ちょっとこの場には、不釣合いで落ち着かない感じ。

そんな時、ふと「喉に意識を向けてみよう」と思いつきました。

そこで、喉を楽にし、喉を通る息を意識した瞬間です。

突然、周りの世界が、がらっと変わったように感じられました。

周りの草木たちが急にキラキラ。

草木たちとの距離がぐっと縮まり、親しく会話しているかのよう。

言葉じゃない。意味じゃない。

でも何かが通じ合っている。

吹き渡る心地よい風。

時間と空間感覚が変容して、ただただそこで息をしているだけで幸せ。

ただただそこで、風を感じているだけで幸せ。

そしてふいに思い出しました。

あっ、この感覚は初めてじゃない。

そう、それは大学卒業後に飛騨の自然の中で過ごしていた時のこと。

天から光の射す、2千坪のブナ林の中で、ひとり木々を見上げていたら、
ふと自然に心と身体が開放され、声が湧き上がってきました。

まさに今、この瞬間、自分の中から自然に生まれてきた歌とも言えぬ歌。

ブナ林とひとつに溶けあったかのような開放感。

見上げれば、梢の上に広がる青空も自分と分かつことのない身体の一部のよう。

そう、あの時と同じ。

都会のど真ん中でも自然とつながれる。コミュニケーションは可能なんだ。

それは思いがけない嬉しいサプライズでした。

アーナンダ・ヨーガHP http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/

ホーム

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

05 ≪│2015/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。