春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水底に潜むマカラ

かつらです。いつもありがとうございます。

空気が爽やかですね~!
雨でしっとりとした緑が、朝の陽射しでキラキラ(^ー^)

仙骨のチャクラについて、もう少し触れてみたいと思います。

「仙骨」「仙骨」といわれても、普段あまり意識することもなく、なかなかわかりにくい場所ですよね。

それには、わけがあるんです・・・。

仙骨のチャクラは、木に例えると、「根っこ」にあたりますが、
動物に例えると、「マカラ」になります。

マカラとは、魚と竜をあわせたような怪物で、ワニをさらに強くした感じと思っていただければよいでしょうか。

「水底に潜むワニの怪物」。 それが、仙骨のチャクラのイメージで、強い野生のパワーを持っています。

ただし、仙骨のチャクラは、意識のレベルでは、“無意識層”のレベル。
このパワーを意識的に使うのは、それほど容易ではありません。

でも、味方につければ、これほど力強い助けになるものもありません。

ヨーガの世界では、この強大なエネルギーを制御し、安全に活用するための技術を、大切に開発してきました。


さて、「臭いものに蓋をする」 とか、「嫌な感情を押し込める」 なんていう表現がありますよね。

実は、このやっかいなものに蓋をしたり、押し込めたりする場所も、無意識層の仙骨のチャクラの領域です。

得体が知れず、何だか不気味で、近づくと怖そうといったイメージも、マカラと重なっているのかもしれません。

仙骨のチャクラを開発していくことによって、この閉じ込めてきたネガティブなエネルギーも、自然と解放されていきます。

便秘になると辛いですよね。
それが、十分な睡眠や、適度な運動、適切な食事によって、解消されたら、本当にすっきりしますよね!
そんなイメージに似ているかもしれません。

そうすれば、腸も本来の働きを回復します。しっかり消化して、エネルギーに変えていきます。

チャクラのレベルでも、これと同じことが、より繊細に、よりパワフルに起こっています。

自分らしく花開くために、マカラと仲良くしましょう(^ー^)/
特別講座では、仙骨をじっくりと感じるところから、丁寧にやっていきます。

夫曰く、「マカラより、かつらが怖い・・・。」



★第9回 特別ヨーガ講座 「 仙骨のチャクラの開発 」  
          10月11日(月・祝) 13時00分~16時30分(開場:12時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/
           JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           ※要予約  4,500円(お茶付き・当日払い)

★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
         (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
          初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
           JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  9月17日(金)・10月1日(金)・10月15日(金)・10月29日(金)
         19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
        (国分寺駅南口徒歩3分 )
         初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm

スポンサーサイト

≪ 形は心ホーム仙骨のチャクラの開発 ≫

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。