春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の言葉

2010_1011仙骨のチャクラ20100142

2010_1011仙骨のチャクラ20100147

2010_1011仙骨のチャクラ20100150

2010_1011仙骨のチャクラ20100153

かつらです。いつもありがとうございます。

今週、おかげさまで、無事に、特別ヨーガ講座を終えることが出来ました。
ご多忙の中、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
毎回美味しいお茶タイム。今回は実りの秋。山栗と、ブルーベリーの手作りのマフィン♪
銀の鈴のオーナー様、お手間入り、美味しいマフィンありがとうございました。

「始まる前、自分の仙骨が全くわからなかったのが、やっていくうちに少しずつ感覚が出てきました。」
「下腹部が最初とても硬かったのですが、少しずつ息が入るようになって、とても嬉しかったです。」
「腰まわりがすっきりしました。」
「仙骨のマントラを唱えていたら、本当に熱くなりました~。」

などなど、様々なご感想もいただきました(^ー^)



さて、話は変わってイスラム教のスーフィーの世界に伝わるお話。

むかし、むかしある所に、大変栄えた王国がありました。その繁栄ぶりは遠くの国々まで知れ渡っていました。
そんなある時、その国の王様が国中にあるお触れを出しました。

「わしの指輪に刻む短い言葉を考えて欲しい。それは、わしが有頂天になっている時には、少し沈め、どん底の時には、少しひき上げてくれる“言葉”じゃ。」

それは、たった一言。 どちらの場合にも使える“言葉”でなくてはなりません。

国中から賢者という賢者が集められ、その中からひとりの男が選ばれました。

その男の言葉が刻まれた指輪が出来上がり、王様に手渡されました。

「これは、今ご覧になっても、あまり効果がないかもしれません。本当に時が来たと思われた時に、指輪を開けて、ご覧くださいませ。」 

しばらく繁栄の時代が続き、王様はすっかり指輪の言葉のことは忘れていました。

盛者必衰は世の常。
力をつけてきた隣国に攻め込まれ、城を追われ、取るものもとりあえず、王様は指輪ひとつを持って逃げていきました。

ようやく、誰もいない森の奥の泉にたどり着いた時、ふと指輪の言葉のことを思い出しました。

「見るのは、今だ。」

指輪を開けると、そこにはこうありました。

「それもまた、過ぎ行く。」



★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
        (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
         初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス  火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
        (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ 
         JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線内幸町駅 徒歩4分)
         初回体験無料 1回3,000円
         
★ 国分寺クラス  10月15日(金)・10月29日(金)・11月5日(金)・11月19日(金)
         19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
         (国分寺駅南口徒歩3分 )
          初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

≪ 獅子フンガイ?・・・ホームブレない・・・!?(-0-) ≫

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。