春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一切れのパンと夢

山のアーサナDSCF2676

明DSCF2667

DSCF2679.jpg

DSCF2682.jpg

DSCF2686.jpg

かつらです。いつもありがとうございます。

まず、お休みのお知らせから。

お盆休みは、8月14日(日)吉祥寺クラスと、8月16日(火)新橋クラスです。
都合により、新橋クラスもお盆休みをいただく事にいたしました。
それ以外は、通常通りです。
よろしくお願いいたします。

18日(月・祝)、おかげさまで、無事に、特別講座を終えることが出来ました。
お暑い中、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
そして、毎回、素敵なお茶タイムを演出してくださる銀の鈴のオーナー様、今回もありがとうございました。

「3時間があっという間でした。」などと、ご感想いただきました。

さて、今日は、イスラムのスーフィーの「一切れのパンと夢」というお話です。

それぞれ個別に、長く苦しい旅をしてきた三人の旅人が、一緒に旅をすることになった。
彼らは、喜びと悲しみはもちろんのこと、食べ物も分かち合って旅を続けたが、
何日がたったとき、自分たちには、一切れのパンと、一口に水しか残っていないことに気づいた。

誰がそれを口にするべきか、口論となった。
日が暮れてきたとき、ひとりが提案した。
「もう眠ることにして、目が覚めたときに一番素晴らしい夢を見た者が、この問題に結論を下すことにしようではないか」

翌朝、日が昇ると同時に、三人は目覚めた。

最初に口を開いた旅人はこう言った。

「私はこんな夢を見た。
あまりにも素晴らしくて、表現しようがないほど美しい所に私は運ばれていった。
そこで私は、賢者に会い、こう言われたのだ。
『あなたの人生は、過去も未来も、賞賛に値するものだ。したがって、あなたこそ、その食べ物を食べるべきだ』と」

「それは変だ」と二番目の男が言った。

「私は夢の中で、自分の過去も未来も、すべて実際に見た。
そして未来の人生で私は、すべてを知る聖者に会い、こう言われたのだ。
『ほかの仲間よりも、あなたのほうがパンを食べる資格がある。何故なら、あなたは彼らよりも学識があり、忍耐強いからだ。
あなたは人々の指導者になる運命にあるのだから、十分に栄養を取らねばならない』とな」

三番目の旅人がこう言った。

「私は何も見なかったし、何も聞かなかった。
ある強力な存在に目覚めさせられて、無理やりパンと水のあるところに連れてゆかれ、それを食べさせられた。
私にはその力に抵抗するころができなかった」

中世のキリスト教の修道者の物語にも、これと同様のお話があるそうです。



★吉祥寺クラス  日曜日  11時00分~13時00分(開場:10時45分)
 (永谷ホール 吉祥寺駅南口徒歩3分) 
           初回体験無料 1回3,000円

★新橋クラス   火曜日 19時00分~21時00分(開場:18時45分)
           (オフィス銀の鈴 http://www.ginnosuzu.net/ JR新橋駅烏森口 徒歩12分 ・都営三田線 内幸町駅 A3出口 徒歩4分)
           初回体験無料 1回3,000円

★ 国分寺クラス  8/5(金)・8/12(金)・8/26(金)
19時00分~21時00分 (開場:18時45分)
          (国分寺駅南口徒歩3分 )
           初回体験無料   1回2,500円 


春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

≪ 守・破・離ホーム ≫

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。