春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謀反ごころ

かつらです。いつもありがとうございます。

まずお知らせから。

明日6月30日(日)と、7月28日(日)の吉祥寺クラスはお休みさせて頂きます。

7月の国分寺クラスは3回開催致します。5日(金)・12日(金)・26日(金)です。よろしくお願い致します。

以前から、文楽(人形浄瑠璃)を一度観てみたいと思っていたのですが、とうとうチャンスが訪れました。

10月に府中で開催されることがわかり、チケットもとれました\(^0^)/

文楽の人形は、一体を3人で操っています。頭と右手を遣う「主遣い」、左手を遣う「左遣い」、足を遣う「足遣い」。

修行は、足から始まり、足遣いだけで五年から十年。左遣いも同じく五年から十年。

そして、ようやく主遣い(おもつかい)という、シンを扱う人間になれるのだそうです。

今日は、今は亡き人形遣いの名人、吉田文五郎さんの修行時代のお話です。

「謀反ごころ」

私が玉助師匠のもとに弟子入りしてから三、四年目、十八、九の頃でありました。

師匠が『戻り駕』の赤面(あかづら)、すなわち浪花の治郎作の役で、私がその足を遣った時のことであります。

浄瑠璃の文句の「いにしえのーー」と引っ張る呼吸に合わせてトントントン、トンと極まった足数を踏んで、トーンと思い切り踏ん張って極まりをつけるところが、どうしても師匠の気に入りません。

毎回、高い下駄で、いやというほど蹴られるのであります。それが痛さ、つらさに今日こそはと気張ってみても、やはりだめであります。

向こう脛からも血がにじみ出る、その痛さったら、とてもたまったものでなく、どんなに歯をくいしばってみても、ぽろぽろ涙が出るのであります。

いかに好きで入った道とはいえ、いかに難修行を覚悟した事とはいえ、治郎作の足ひとつで、五日やっても七日やっても物にならぬようでは、
この先どれほど辛抱したら一人前の人形遣いになれることか。

ついにはそんな事まで考え出し、いかに折檻にしてもあんまりだと、とうとう師匠を恨みだしました。

そして、「もう蹴られどうしで十日目や。今日また蹴りやはったら、勝手にしろだ。舞台で師匠の足をひっくり返して、芝居をわやにして逃げ出したろ」

とんでもない事を考えたのでありますが、血気盛りの浅はかさと、やけくそ半分であります。

師匠をひっくり返したら、舞台のどこから逃げようか。その逃げ道までも考えて、決死の覚悟で足を持ちました。

が、さすがに足を持って舞台に出てみますと、師匠の「威」というものはまた格別で、何とは知らず大きな力で押さえつけられ、

これでは師匠をひっくり返すどころではない、とつい縮こまりそうな気持ちになりましたが、強いて自分の心を引き立てて、何くそっと力み返って用意をしました。

そして血走った眼、ぶるぶる震える手で、治郎作の足を力いっぱいつかみながら、

そら来た「いにしえ--」で、トン、トン、トーンと床も割れよと踏みしめて、最後の極まりのところで、思いざまぎゅっと力を入れて、トーンとぶっつけました。

そら、下駄だ、私は下駄をふんづかんで、師匠を引っくりかえそうーそう思って隙をねらいながら待っていますと、これはまた思いきや、

「うまいっ」と師匠が底力のある小さい声で、私を褒めてくれました。

私は夢に夢見る心地で、ぽーっとなってしまいましたが、その瞬間に悟りました。

やはり今日までのは、自分の力が足りなかったのだ、死に身にならなかったのだ、型ばかりで、魂が入っていなかったのだ、師匠が人形にそそぐ懸命の気分が、私の拙い足から抜けていたのだ、叱られたのは無理もない。

わかった。わかった。

そう悟ることができましたので、今さら、師匠を逆恨みに恨んで、大それたことをたくらんだのが恥ずかしくなりまして、楽屋に帰って泣きました。

芸道の奥は深い、しかし悟れば、この足一つからでも入り口が見つかります。

それから今日まで六十年近く、ひたすら脇目もふらずに人形の道を歩いて来れましたのも、まったく師匠の大きな親心の折檻のおかげであります。

★特別企画 「クリスタルボウルによる音のヨーガ」 http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm              6月30日(日)13時~17時半(サロン0オー 京王井の頭線永福町駅 徒歩12分)8,000円※要予約

★特別講座 「清浄輪(喉のチャクラの開発)」
              7月15日(月・祝)13時~16時半(オフィス銀の鈴 新橋駅徒歩12分)5,500円(お茶付)※要予約 

★ハッピーエイジングヨーガ 
              7月4日(木)・11日(木)・18日(木)14時~15時半(オフィス銀の鈴)4,000円(お茶付)(全3回10,000円)
              ※要予約 詳細は、銀の鈴のHPをご覧下さい。 http://www.ginnosuzu.net/fairground/20130523.html                          

★瞑想ヨーガ(春樹)  第2木曜(原則)
              7月11日(木)・8月8日(木)19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円 ※初回のみ要予約

★吉祥寺クラス     日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分) 3,000円

★新橋クラス       火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴) 3,000円

★国分寺クラス     金曜 7月5日、12日、26日 19時~21時(国分寺駅徒歩3分) 2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

≪ 「“涼”の瞑想」ホーム酔っ払い♪ ≫

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。