春樹&桂  “喜び便り”

ヨーガにまつわる小話や、日々の生活で感じたことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾骨で坐る

かつらです。いつもありがとうございます。

9月26日(木)に新橋・オフィス銀の鈴で「縁日」が行われます。

私も「椅子に座ったまま出来る簡単20分ヨーガ」で参加いたします。

今回のテーマは、「尾骨」。尾骨をしっかり椅子に据え、坐骨でしっかりと着地します。

立っても座っても、着地感がある時は、心も安定してきます。

しっかり着地して背骨をすらっと立てれば、一瞬にして心が晴れやかになります。

ご予約不要。参加費500円。時間は、15時~20時半。希望者が集まり次第、随時開催いたします。

各種ヒーリングセッション、美味しいマクロビおやつ、身体に優しい「手作りせっけん」などの販売。

無料のお茶コーナーもございます。気軽にお立ち寄り下さいませ(^ー^)


詳細は、銀の鈴のHPをご覧下さい。http://www.ginnosuzu.net/fairground/20130926.html

さて、現代生活では、畳に坐るより椅子に座ることの方がずっと多くなっていますね。

でも、椅子に綺麗にすっきりと座れている人は稀ではないでしょうか?

実は、それにはちゃ~んと理由があるのです。

戦後、急激に西洋文化が流れ込み、それと同時に急速に畳から床に変わっていきました。

そして、畳にちゃぶ台から、テーブルに椅子の生活へ。

ところが、誰も正しい椅子の座り方など教えてくれません。西洋にはちゃんと、椅子に座ったマナーがあるにもかかわらず。

一方、畳で座る機会は減り、子供たちは正座で座る躾が身につかないまま大人になってしまう・・・。

昔は、子供が悪いことしたら、親は「そこへ座りなさい!」と正座をさせて説教をしたものでした。

これには深い意味があったと思います。

背骨を立てて姿勢をよく座れば、心は自然に落ち着き、気持ちもニュートラルになり、親の言葉も素直に聞けます。

崩れた姿勢や、動きながら聞いていたのでは、親の言葉も十分に心まで届きません。

大声で怒ってるのに一向に言う事を聞かない。

親も一緒に背骨を立てて座れば、必要以上に怒鳴る必要もなくなるかもしれません。

「形は心」 

日本にある、昔からの大切な知恵。

守って行きたいものですね(^ー^)♪

★一日研修会   「 密教ヨーガ入門 “太陽と月” 」 http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/bbs.htm              9月16日(月・祝)11時~17時(サロン0オー 京王井の頭線永福町駅 徒歩12分)7,500円※要予約
              懇親会 3,000円(飲み放題付) ※要予約
        
★瞑想ヨーガ(春樹)  第2木曜(原則)10月10日(木)19時~21時(オフィス銀の鈴)3,000円 ※初回のみ要予約

   
★特別講座  「生命力の根源を目覚めさせる(ムーラ・ダーラチャクラの開発)」            
  10月14日(月・祝)13時~17時(オフィス銀の鈴 新橋駅徒歩12分)6,000円(当日払い)※要予約 

★吉祥寺クラス     日曜 11時~13時(永谷ホール 吉祥寺駅徒歩3分) 3,000円

★新橋クラス       火曜 19時~21時(オフィス銀の鈴) 3,000円

★国分寺クラス     金曜 9月27日、10月4日、18日 19時~21時(国分寺駅徒歩3分) 2,500円

春樹&桂のアーナンダ・ヨーガ公式ウェブサイト http://www.k4.dion.ne.jp/~ananda39/index.htm
スポンサーサイト

≪ 脳の左右半球の統合ホーム楽園からの旅人 ≫

Home

プロフィール

春樹&桂

Author:春樹&桂
春樹:ヨーガ講師 介護福祉士
桂 :ヨーガ講師

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。